カルニチン

  • 脂肪燃焼をかげで支える必須成分

なぜ体にいいのか

カルニチンは、普段私たちが食べている食物の中に含まれているが、リジンとメチオニンというアミノ酸をもとに肝臓や腎臓でも合成される。脂質のエネルギー代謝に不可欠の物質で、その最大の働きは、肩甲骨や首、脇の下などにある褐色脂肪細胞を活性化して、リパーゼという酵素を作ること。リパーゼは脂肪を分解し、エネルギーになりやすい遊離脂肪酸を作る働きをもっている。
脂肪には、蓄積される白色脂肪細胞と余分なカロリーを熱にかえて放出する褐色脂肪細胞があるが、脂肪を分解するには褐色脂肪細胞のリパーゼが必要不可欠なのだ。しかし褐色脂肪細胞は、成長期に入る頃から次第に減少してしまい、生まれたばかりの時に約100gあったものが、成人になると40g程度に減ってしまうという。この弱った褐色脂肪細胞を活性化させてくれるのがカルニチンなのだ。
もうひとつの大きな働きが、遊離脂肪酸を効率よく筋肉細胞内のミトコンドリアに運ぶということ。ミトコンドリアの構造は二重構造で、遊離脂肪酸は2つの膜を通って内部に入らなければならない。この時に必要なのがカルニチンだ。脂肪燃焼のはじめとおわりで重要な役割を果たす成分といえる。
さらに、カルニチンの抗酸化作用も注目されており、中性脂肪、LDLコレステロールの低下や肝臓、心臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果もある。
しかしこのカルニチンも歳とともに生成量が少なくなってしまうので、外から摂取することが必要になる。だんだん太りやすくなる、持久力がなくなる、疲労がたまるといった症状もカルニチンが不足してきたのが一因と考えられる。

摂取方法について

カルニチンは、肉類のタンパク質に多く含まれ、なかでもラム肉やマトンのカルニチン含有量は多い。ラム肉、マトンには独特のフレーバーがあるが、苦手でなければこれらの肉を食べるほうがカルニチンをたくさん摂取できる。
また、カルニチンが働いてせっかくできた遊離脂肪酸も、使い切らなければもとの脂肪に戻ってしまう性質がある。これを防ぐために、脂肪を効率よくエネルギーにかえる働きをもつ共役リノール酸を摂ることで、より効果的に脂肪を燃焼させることが可能になる。(山口)

カルニチンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る