カロテノイド

  • 抗酸化力に優れた野菜や動物の色素成分

なぜ体にいいのか

動植物に含まれる黄色や赤色の色素成分のうち、脂溶性でβ-カロテンに似た構造をもつものをカロテノイドという。600種類以上あるが、共通の特徴としては、抗酸化力をもっていることだ。カロテノイドの中でカロテン類に分類されるものにはα-カロテン、β-カロテン、γ-カロテンなどがある。そのうちリコピンなどを除いた約50種類は、体内でビタミンAに変わるビタミンA前駆物質(プロビタミンA)と呼ばれている。一方、ルテイン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチンはキサントフィル類に分類される。
カロテノイドは、単独よりもさまざまな食品からバランスよく摂ることで効果も期待できる。

  • α-カロテン

    ニンジンなど赤黄色野菜に含まれていて、β-カロテンより強い抗酸化作用があるといわれている。

  • β-カロテン

    カロテンの中でももっとも多く存在する。β-カロテンの多くは小腸の粘膜でビタミンAに転換されて吸収され、一部がβ-カロテンのまま脂肪組織に貯蔵される。ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれる。

  • リコピン

    トマトに多く含まれる赤い色素。トマトが熟すほど多くなる。スイカや柿にも含まれている。強力な抗酸化力があり、ガン細胞の増殖を抑えるともいわれている。

  • アスタキサンチン

    サケやエビなど赤色の魚類に含まれる。抗酸化力はβカロテンの数十倍ともいわれる。特にシミやしわといった肌の老化現象を抑える働きがある。

  • クリプトキサンチン

    とうもろこしや柑橘類の黄色色素、特に温州みかんに多く含まれる。抗酸化力で細胞を保護している。

  • ルテイン、ゼアキサンチン

    2種とも緑色野菜に含まれていて、特にケール、ブロッコリー、ホウレン草に多い。網膜の黄斑部に存在し、眼球内に入ってきた紫外線による酸化を防ぎ、黄斑変性症といった目の病気に効果がある。目を守る重要な成分。(早川)

カロテノイドに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る