肥満

メカニズム

肥満とは、体内に脂肪が過剰に蓄積した状態をいう。誰もが体重ばかり気にするが、実は体重に占める体脂肪の割合(体脂肪率)が重要。男性が15.0~20.0%、女性が20.0~30.0%が正常で、これを超えると肥満と判定される。肥満には、主にホルモン分泌や脳の異常、遺伝など病気が原因の「症候性肥満」と、原因がはっきりしない「単純性肥満」があるが、肥満のほとんどが後者だといわれる。単純性肥満には、皮下脂肪が厚いタイプで女性に多くみられる「皮下脂肪型肥満」と、腸や胃、肝臓など内臓の周りに脂肪が蓄積されたタイプで、中年以降の男性に多くみられる「内臓脂肪型肥満」がある。肥満は万病のもと。特に内臓脂肪型肥満では、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病にかかりやすい。動脈硬化が起こりやすく、脳卒中、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などのリスクが高まる。脂肪肝の原因にもなる。高尿酸血症や睡眠時無呼吸症候群なども肥満と関連がある。皮下脂肪型肥満は、同じ体脂肪率であれば内臓脂肪型肥満よりも生活習慣病にかかるリスクは低いといわれるが、安心はできない。女性の場合、ホルモンのバランスが崩れ、生理不順や不妊症が起こることもあるからだ。女性は更年期を過ぎると生活習慣病にかかる割合が急増するが、そこに肥満が重なると、さらに危険性が高くなる。また、乳ガン、子宮ガン、卵巣ガンの発症リスクも肥満によって高くなるようだ。肥満のタイプにかかわらず、体重が多いと膝や腰に負担がかかり、膝痛、腰痛など整形外科疾患も起こりやすい。

解消・予防のためのアドバイス

肥満は、摂取カロリー量が消費されるカロリー量を上回ることが原因で起こる。したがって肥満解消には食事制限とともに、運動によってエネルギーを消費する必要がある。カロリー制限を行う際には、ビタミンやミネラル不足に十分注意したい。特にビタミンB群は脂肪を燃やすのに必須。脂肪摂取を制限すると脂溶性ビタミンのA、E、コエンザイムQ10も不足してくる。また、亜鉛などミネラル不足にも要注意。早歩きや水泳などの有酸素運動には、体脂肪を効率的に燃焼させる効果がある。ただし、心臓疾患など合併症がある場合は、必ず医師に相談すること。(福田、小内)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る