共役リノール酸(CLA)

  • 体脂肪に効果的に働く不飽和脂肪酸の一種

なぜ体にいいのか

共役リノール酸(CLA=ConjugatedLinoleicAcid)は、不飽和脂肪酸の一種。リノール酸から生じる物質だが、リノール酸とは構造が異なるので異性化リノール酸とも呼ばれている。
脂肪酸は脂質を構成する主な成分で、体の基礎を作ったりエネルギーとなる大切な栄養素。構造の違いによって飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるが、特に飽和脂肪酸は多く摂りすぎると、血中のコレステロールや中性脂肪が増えて動脈硬化の原因となる。一方、不飽和脂肪酸は善玉の脂肪といわれ、オリーブオイルやナタネ油に含まれるオレイン酸や青背の魚からとれるEPA・DHAなどがその代表だ。
共役リノール酸はひまわりの種子に天然のものが含まれていることが発見されたが、牛肉や乳製品にもにもごく微量だが含まれている。
牛や羊は反芻胃と呼ばれる胃を持ち、この中に棲む微生物が食べ物を消化し、成分を組み替えている。このような反芻動物がリノール酸をたくさん含んでいる飼料を食べると、消化器官内の微生物がリノール酸を共役リノール酸に変化させるのだ。
共役リノール酸の作用としてまずあげられるのが、生活習慣病の元凶ともいわれる肥満の防止効果。脂肪は体内で消化・吸収され、リポタンパクリパーゼという酵素によって蓄えられる。蓄えられた脂肪は、ホルモン感受性リパーゼによって分解され、エネルギーとなって使われる。ホルモン感受性リパーゼがきちんと働かないと脂肪はどんどん蓄積されてしまうのだ。共役リノール酸には、このホルモン感受性リパーゼの働きを活発にする作用がある。
また血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きにより、血流が改善されるので冷え性の改善にも効果があるし、抗酸化作用をもつので血中に酸化LDLが沈殿するのを防いでくれる。さらにアレルギー反応を抑制したり、アレルギー反応の引き金となる物質の生成を抑える作用もあるという。

摂取方法について

共役リノール酸は、体脂肪を効率よくエネルギーに替える働きをするので、運動前に摂取するほうがよい。また食品中に含まれているのは微量であるため、サプリメントとして摂取するのが効果的だ。(山口)

共役リノール酸(CLA)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る