長生ドラジ

  • 免疫機能を高めて自然治癒力を促す

なぜ体にいいのか

ドラジとは、韓国語で桔梗(キキョウ)のこと。紫色や白色の花をつける桔梗と基本的には同じものだが、これら通常の桔梗の寿命が1~3年なのに対し、長生ドラジは21年以上育成した桔梗だ。無農薬、無肥料で土壌内の環境を整えたうえで、3年ごとに植え替えながら育てる。
一般の桔梗も、実は漢方薬として呼吸器系疾患などに利用されているが、長生ドラジはそれよりも何十倍も高い作用をもつことが、研究によって明らかになっている。
長生ドラジに含まれる主な有効成分はサポニンとイヌリン。サポニンはえぐみや渋みの成分で、抗酸化力に優れた物質だ。サポニンの作用としては、解熱、鎮痛、鎮静作用をはじめ、炎症を抑える、血圧を下げる、血糖値を下げる、血中コレステロール値の改善作用などが明らかになっている。
イヌリンは、果糖がつながった多糖類。デンプンなどは、ブドウ糖に分解されて小腸で吸収されるのだが、イヌリンは消化酵素では分解されないという特徴がある。さらに細菌分解されてもフラクトース(果糖)にしかならないので小腸で吸収されず、血糖値が上昇することもない。インスリンの分泌も抑えられるので、膵臓のインスリン生産能力を修復させることができ、糖尿病の改善につながると考えられる。
またイヌリンには、マクロファージやナチュラルキラー(NK)細胞を活性化するという働きもある。直接ガン細胞に働きかけるわけではないが、ガン細胞など外敵に対する免疫力を高めることで、抗ガン作用を発揮しているといえる。実際に、長生ドラジを服用することで抗ガン剤治療などの副作用が軽減したり、手術後の回復が早まるなどといった報告もある。
さらにフラクトースは、腸内でビフィズス菌など善玉菌の栄養源になる。腸内環境を整えることで、悪玉の細菌を排出することにもなる。

摂取方法について

サプリメントの原料となるのは根の部分で、年数を経るにつれて大きく成長する。エキスを抽出したり、乾燥粉末にしたりして使用する。栽培が可能になったとはいえ、土壌や気候の条件もあり、現在では韓国だけで生産されている。(早川)

長生ドラジに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る