動脈硬化

メカニズム

動脈には本来、弾力性がある。ところが、動脈壁にコレステロールやカルシウムが付着すると、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。これが動脈硬化である。動脈硬化によって血流が妨げられると、脳や心臓をはじめ、さまざまな臓器の働きが悪くなり、重大な病気が発症する危険が高まる。血管の老化現象ともいわれ、40歳以上のほとんどの人にみられる。最近は、10代の若者にも初期の動脈硬化がみられるようになってきた。なぜ動脈硬化が起こるのかは完全に解明されていないが、遺伝的な体質、高血圧症、血中のコレステロール(特にLDL-コレステロール)の増加による高脂血症、糖尿病が深く関わっている。また、肥満、ストレス、運動不足、喫煙もリスクを高めると考えられている。動脈硬化は、硬化が起こる場所によって症状が異なる。体中どの動脈にも起こる可能性があるが、特に起こりやすいのは脳動脈、頸動脈、冠状動脈、腎動脈など。脳動脈硬化の場合は、立ちくらみや耳鳴り、興奮などの初期症状が現れ、進行すると脳梗塞や脳出血を引き起こす。冠状動脈に硬化が起こると、心臓の機能が低下し、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作が突然起こる危険がある。また腎動脈硬化では、高血圧、腎機能障害が、大腿動脈硬化では下肢に血が通わなくなって壊疽(えそ)が起きることがある。

解消・予防のためのアドバイス

動脈硬化を予防するには、血管を健康に保つことが一番だ。血中のコレステロール値を下げ、血管を広く保つためには、食生活の改善が必要。食事と運動、そして禁煙がポイントとなる。動物性脂肪の多い食品、甘いもの、アルコールを控え、植物性タンパク質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけよう。サバやイワシなど青魚に含まれるEPA、DHAには血液が固まるのを抑える働きがある。血流を改善するイチョウ葉エキスと一緒に摂ると効果がアップする。抗酸化ビタミンのCは、血管の柔軟性を保ち、動脈硬化の進行を防ぐ。また食物繊維には、余分なコレステロールを吸着して排泄する働きがあるので、野菜やイモ、海草、キノコ類を積極的に摂ろう。(鹿島田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る