ルテイン

  • 目の健康維持に必要な栄養素

なぜ体にいいのか

ルテインは、赤、黄色などの色素成分であるカロテノイドの一種。緑黄色野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに必要な色素だ。体内では、同じカロテノイドの仲間であるゼアキサンチンとともに網膜の黄斑部に多く存在し、黄斑の健康を保っている物質だ。
黄斑部は目の網膜の中心にあり、ここには光を感じる細胞がたくさん存在している。光を知覚し、ものを見るのに重要な役割をもっているところだ。この黄斑部が出血したりむくんだりして沈殿物がたまる状態を黄斑変性症という。症状としては最初視野の中心に黒い部分が現れたり、ものがゆがんで見えたりする。急速に進行する場合もあるが、ほとんどはゆっくりと進行し、最悪の場合は失明に至る。加齢とともに起こる病気ともいわれており、60歳以上に多く、欧米人の場合は高齢者の失明原因の上位を占めている。食生活や環境の変化が影響しているせいか、最近は日本人にも黄斑変性症にかかる人が多くなっている。
黄斑変性症の詳しい原因はわかっていないが、活性酸素の影響が一因といわれている。網膜の黄斑部に太陽光線やパソコンのモニター、テレビ、蛍光管などからの青色光が当たると、活性酸素が発生する。その活性酸素が黄斑部にある脂質を酸化させ、視力低下につながると考えられている。ルテインは、光の中でも目に有害な青色光を吸収するとともに、抗酸化作用を発揮して黄斑部の酸化を防ぐ。ルテインを摂ることで黄斑変性症にかかるのを予防できるだけでなく、すでにかかった人の症状を軽減するといった臨床結果も発表されている。
また近視や乱視を含め、目の病気は活性酸素による光老化が原因と考えられている。黄斑変性症だけでなく、白内障も水晶体内のタンパク質が老化とともに少しずつ白濁するためといわれており、ルテインは白内障にも効果があると見られている。
またルテインは大腸ガン、皮膚ガン、子宮ガンを予防する効果もあるという報告があるが、詳しい抗ガン作用についてはこれからの研究が待たれる。

摂取方法について

ルテインは、ホウレン草やケール、ブロッコリー、芽キャベツなど濃い緑色の野菜に含まれている。黄斑変性症などの予防のためには、1日6mg程度の摂取が効果的。これは、ホウレン草2分の1束分(60~80g)に当たる。(早川)

ルテインに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る