ルイボス

  • 抗酸化力と抗アレルギーで細胞を活性化

なぜ体にいいのか

ルイボスは、南アフリカ共和国の一部の山岳地帯で栽培される針葉樹。学名をアスパラサス・リネアリスといい、ルイボスは現地語で「赤い潅木」の意味を持つ。
その茶葉を発酵、乾燥させたものがルイボスティーで、リン、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいる。特に、食品に含まれるリンとカルシウムは1:1が理想とされているが、ルイボスティーの場合は1:1。細胞を活性化し、身体の機能を正常に保つミネラルバランスだ。
ルイボスの効用の第一にあげられるのが強い抗酸化力。研究結果によると、緑黄色野菜の数倍~数十倍とも言われている。この抗酸化力は、ルイボスの栽培される環境に大きく影響を受けるようだ。昼夜の温度の差が激しく、また日中は強い紫外線にさらされるため、自衛のために抗酸化力が備わったと見られる。
ルイボスの抗酸化力は、体内に備わっているSODという抗酸化酵素を活性化させるとともに、活性酸素を消去・除去するスカベンジ作用もある。従って活性酸素が一因となって起こる糖尿病、動脈硬化、高コレステロール症、高脂血症、白内障などを予防するとともに、細胞の老化を遅らせるのでシミやしわといった肌のトラブルにも効果がある。
また最近では、ルイボスの抗アレルギー性にも注目が集まっている。ある研究で、アトピー性皮膚炎やかゆみを伴う皮膚炎、ニキビなどいろいろな皮膚疾患の患者にルイボスのティーバッグを入れたお風呂に入ってもらったところ、かなりの人の症状が改善されたという報告もある。アレルギー症状にルイボスティーがどう作用するのかはまだわかっていないが、ルイボスティーを飲むことでも同様の効果があるという。
ほかにも口内炎や歯周病、またそれに伴う口臭の改善にも効果があるようだ。

摂取方法について

ルイボスティーの抗酸化力を効率よく引き出すためには、ティーバッグ(2.5g程度)を1.5リットルほどの水に入れて沸騰させ、10分以上煮出すこと。さらに冷めてからティーバッグを取り出すほうが、より抗酸化作用が強くなることもわかっている。1日あたり500mrが目安だ。(早川)

ルイボスに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る