ビタミンD

  • 丈夫な骨や歯を作る太陽のビタミン

なぜ体にいいのか

「日光のビタミン」あるいは「太陽のビタミン」と呼ばれるビタミンDは、太陽光線と食事から得られる。太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して、体内に吸収されるのだ。一方、食事から摂取されるビタミンDは、小腸壁から脂肪と一緒に吸収される。
ビタミンD不足が引き起こす症状としては、骨が弱くなり骨折しやすくなる、骨がスカスカになり骨粗鬆症になる、虫歯ができやすくなる、などが挙げられる。カルシウムやリンとともに骨の形成に欠くことのできない存在なのである。
体内に入ったビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収をよくする。また、血液中のカルシウムの骨への運搬を手伝い、さらにカルシウムが骨に沈着するのを助けてくれるのだ。また、筋肉中のカルシウムが減少したときには、骨からカルシウムを分配するといった働きもある。カルシウムの摂取量が少ない場合には、尿中にカルシウムが排泄されないように再吸収させる役目もビタミンDにはある。
骨と同様、カルシウムが材料になっているのが、歯。子供はもちろん、大人もビタミンD不足でエナメル質が弱くなり、虫歯ができやすくなるケースは多いのだ。
骨と歯は特に子供時代に完成されるので、幼児期に十分にビタミンDとカルシウムは摂取したいものである。

ここに注意

ビタミンDはカルシウムの吸収を促すので、摂りすぎると腎臓にカルシウムが沈着し、腎臓病になる危険性もある。過剰摂取は特に乳幼児で危ぐされるが、大人になるとそれほど心配することはない。そのほか、喉が渇く、目が痛む、皮膚のかゆみ、吐き気、下痢、頻尿などが挙げられる。ただし、正しい用量、用法で摂取すれば大丈夫。

摂取方法について

日光浴しただけでも十分に摂取できるビタミンD。しかし、都会に住む人やスモッグのひどい地域に住む人、また夜勤者、看護師、衣服やライフスタイルによって太陽光線を浴びることのできない人は、サプリメントによる摂取量を多くしたい。
ビタミンDの特性上、ビタミンA、C、コリン、カルシウム、リンと同時に摂取すれば、相乗効果により、高い効能が期待できるだろう。(五十嵐)

ビタミンDに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る