ビタミンE

  • 抗酸化作用が老化を防ぎ、若さを保ってくれる

なぜ体にいいのか

人体の中でもっとも酸化の危険にさらされているのが、生体膜や細胞の不飽和脂肪酸。これらが酸化し、過酸化脂質が増えると、体の機能が低下し、老化現象が起きたり、異常細胞を作って病気を引き起こしたりという原因になる。このような事態になる前にビタミンEは各細胞に働きかけ、酸化を防いでくれる。
血中の過酸化脂質の量は40歳を過ぎると急に増加するので、40歳以上の人はしっかりビタミンEを摂取するようおすすめしたい。
また、ビタミンEには血管を健康に保つという働きもある。血中のコレステロールが酸化し、変性したものが血管の壁にはりつき、血液の流れがスムーズでなくなるのが動脈硬化。ビタミンEはその抗酸化作用で血管の健康を保ち、血液をサラサラにして血管内を流れやすくする。さらに悪玉コレステロールを運び出して血管の中を掃除したり、善玉コレステロールを増やす働きももっている。
ビタミンEは女性には力強い味方のビタミン。女性ホルモンと男性ホルモンなどのステロイドホルモンの代謝に大きく関わるため、不妊治療に排卵誘発剤と併用すると、妊娠率が上がるなどの報告もあるほど。これは、胎盤の中に特別タンパク質ができることで妊娠するのだが、ビタミンEがこのタンパク質の生成を促進しているからだと考えられている。また更年期には体内のビタミンEの濃度がダウンするため、この時期に摂取しておくと更年期障害が楽になる。
男性もビタミンEの投与により、精子の数の増加、精力減退防止などに効能があるといわれている。
さらに最近では、ビタミンEを大量に投与することでアルツハイマーの進行を抑えるという研究結果も発表されている。
末梢の毛細血管の流れをスムーズにすることや、新陳代謝を活発にさせることもビタミンEの特性。冷え性や肩こりの人、また肌のトラブルに悩んでいる人に、おすすめしたいサプリメントである。最近ではビタミンE入りの化粧品も多く出回っている。

摂取方法について

ビタミンEサプリメントは天然型(d-α-トコフェロール酢酸エステル)と天然(d-α-トコフェロール表示)に分類され、体内への効能や吸収は天然型が優れている。(五十嵐)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る