ビタミンC

  • 万病のもととなるウイルスやストレス退治、肌の悩みにも

なぜ体にいいのか

そもそもビタミンとは、体の働きを助け、整えるのに欠かせない、クルマでいうエンジンオイルのようなものである。高性能の新車に十分なガソリンを積んでも、エンジンオイルがなければ能力を発揮できないばかりか、エンジンやクルマ自体の故障も招く。これと同じで、人間の体がクルマ本体やエンジンとすると、糖質、タンパク質、脂質の三大栄養素がガソリンに相当し、ビタミン類とミネラルが、エンジンオイルの役割を果たすのだ。
その中で、ビタミンCは細胞間のコラーゲン生成と保持に関わっている。不足すると血管や粘膜、皮膚などの細胞間の結合がゆるみ、出血しやすくなったり、肌がハリを失うなどの症状が現れる。これらに対して、ビタミンCはウイルスの核酸を破壊し、ウイルスそのものを攻撃する「インターフェロン」の生産を促し免疫力を高めてくれる。インターフェロンはガンやウイルス性肝炎の特効薬でもある。
ほかにも、抗酸化作用によってコレステロールなどの酸化を防ぎ、老化を遅らせる。貧血によいとされるのは、鉄分の吸収を高める作用によるものだ。抗ストレスホルモンといわれる副腎皮質ホルモンの生成に関わるので、ストレスに負けない体もつくる。

ここに注意

体内に蓄積できないので不足しがちだが、摂りすぎると下痢、嘔吐、頻尿になることがある。過剰症というより一過性の症状だが、量を増やす場合は慎重に少しずつ、がよい。

摂取方法について

柑橘類のほか、パイナップル、イチゴ、キウイなどのフルーツ、ブロッコリーやピーマンにも豊富に含まれる。1日の望ましい摂取量は2000~3000mg。摂取後2~3時間で排泄されるので、摂取回数を多めに、1日複数回に分けて摂るといい。喫煙量の多い人は、所要量の2~3倍を目安にサプリメントでの補給がおすすめ。ビタミンEと一緒に摂ると、抗酸化作用が高まりガン予防の効果も期待できる。これは、水溶性のビタミンCと脂溶性のビタミンEがそれぞれ働いてくれるためだ。(五十嵐)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る