骨粗鬆症を予防する

メカニズム

骨はカルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムや、接着剤の役割を果たすコンドロイチン、コラーゲンなどから作られている。骨の主成分であるカルシウムは加齢とともに減少し、骨はもろくなる。骨密度を保つのに最も重要なのはカルシウム。ところが、現代の日本人は男女ともにカルシウムが摂取量に達していない。骨がスカスカになる骨粗鬆症は、高齢者、特に閉経後の女性に多くみられる。ちょっと転んだだけでも骨折したり、背骨がもろくなって圧迫骨折などを起こすなど、寝たきりにつながりやすい。閉経後の女性に骨粗鬆症が多いのは、女性ホルモン「エストロゲン」が減少するからだ。エストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐなどして、骨の健康を守っている。そのエストロゲンが減少すると、骨からカルシウムやリンが抜けやすくなり、食事から補っても追いつかなくなる。最近では、若い女性にも骨粗鬆症が増えて問題となっている。ダイエット、偏食、運動不足が原因だ。極端なダイエットで卵巣機能不全に陥ると、やはりエストロゲンが低下し、骨がもろくなる。女性の骨粗鬆症の治療は、40歳以上ならホルモン補充療法(HRT)が効果的。10代~30代は、卵巣機能不全などの治療が先決となる。

解消・予防のためのアドバイス

カルシウムの1日の適正摂取量は男性で700mg、女性で600mgだが、積極的に骨粗鬆症を予防するなら800mgを目標にしたい。ヨーグルト、チーズなどの乳製品、大豆製品、小魚などに多く含まれる。カルシウムはマグネシウムとバランスをとって作用するので、両方合わせて摂取すること。サプリメントはカルシウム+マグネシウムのタイプを選ぼう。さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨形成を促すビタミンKを含むブロッコリーや納豆などの食品も多く摂りたい。カルシウムの吸収率を上げる特定保健用食品(カゼインホスホペプチド、クエン酸リンゴ酸カルシウム)もある。更年期以降の女性は、エストロゲンと同じように働く大豆イソフラボンがおすすめ。普段の食生活を改善し、適度に運動して骨の生成を促すことも大切だ。(対馬)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る