第8講 検診データの見方と活かし方(板倉弘重)

第8講 検診データの見方と活かし方

講師:板倉弘重

病気の診断やその程度を知るうえで重要な手がかりとなる血液検査や尿検査。各々の検査が何を目的にしているか、またその数値は体のどのような変化を表しているかを理解するとともに、背景にある栄養学的な要因を考察し、食習慣の改善や食の機能性の活用についても考える。

関連記事

コメントは利用できません。

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る