板藍根(ばんらんこん)

  • 風邪、インフルエンザなど感染症に有用

なぜ体にいいのか

板藍根(バンランコン)は生薬名で、アブラナ科の植物、ホソバタイセイの根のこと。主な産地は河北省、江蘇省などで、日本では江戸時代に青色をとるための染料植物として中国から入ってきた。
板藍根には解毒、解熱作用があることで知られており、風邪の諸症状を緩和するため中国では日常的に用いられているし、抗ウイルス作用もあるとして、インフルエンザの予防にも利用されている。またウイルス性肝炎、扁桃腺、気管支炎など熱を伴う病気の症状緩和に広く生かされている。さらに炎症を抑える効用もあり、ニキビや湿疹、吹き出物、帯状疱疹にも効果があるという。
解毒作用は肝炎などにも利用され、わき腹の張りや消化不良などの症状が緩和されるという。
さらに板藍根の名前が広がったのは、SARS(重症急性呼吸器症候群)の影響が大きい。2003年春、中国、香港などアジア一帯で猛威を振るったSARS対策として、一時は品切れとなるほど板藍根が売れたという。残念ながらSARSに対する作用ははっきりしないが、風邪の症状緩和には効果がある。

成分豆知識

板藍根は、生薬として根の部分を用いているが、ホソバタイセイの葉も大青葉(だいせいよう)と呼ばれ、根と同じ作用があるといわれている。
大青葉には、ほかにもリュウキュウアオイなどもともと藍染めの藍色の色素に使われていたものが多く、共通して抗菌、抗ウイルス作用が見られるという。抗ウイルス作用をさらに強めるため、板藍根と大青葉を合わせて用いる場合もある。
なお大青葉を水に浸し、石灰などで処理してできる青い粉末状の色素は、青黛(せいたい)と呼ばれる。青黛には殺菌作用や抗ウイルス作用があるほか、ガン細胞を攻撃する作用があるといわれている。

摂取方法について

板藍根は、中国の家庭では常備薬として一般的。エキスを砂糖でくるんだ糖衣錠のものがよく使われているが、お茶として飲むには、板藍根2~6gを刻んで使用する。日本でもエキスや飴、錠剤などの形でも市販されている。(早川)

板藍根(ばんらんこん)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る