風邪をひきやすい

メカニズム

風邪とは、鼻、口内、のど(咽頭・喉頭)、気管支を総称する「上気道」に急性の炎症を起こすことをいう。のどが腫れて痛む、鼻水が出る、熱っぽい、咳やくしゃみが出る、頭痛や悪寒など、おなじみの症状の病気である。原因は主にウイルスへの感染。風邪ウイスルには数種あり、咽頭炎ならアデノウイルス、鼻水・鼻づまりならライノウイルスというように、症状の現れ方で診断されることが多い。風邪ウイルスは、ほとんどが飛沫感染(空気中に飛び散ったウイルスに感染する)である。過労、体が冷えて抵抗力が衰えているとき、乾燥した空気でのどや鼻の粘膜が傷ついたりすると、体がウイルスの侵入を許してしまう。古くから「風邪は万病のもと」といわれてきたとおり、風邪を放っておくとさまざまな病気に進行する可能性がある。もともと人間は多くの菌にさらされている。菌の侵入を最初に防ぐのは、皮膚や粘膜(のど・鼻など)で、次に血液中などにある食細胞が立ち向かう。そこでも食い止められないと、最後に登場するのが抗体(タンパク質)やリンパ球と呼ばれる白血球である。この一連の流れを免疫機能と呼ぶが、風邪をひいて菌に対する抵抗力がなくなると、もともとあった慢性疾患が悪化したり、気管支炎から肺炎など、命に関わる疾病へと移行する危険がある。

解消・予防のためのアドバイス

風邪の予防にはビタミンA、C、亜鉛、乳酸菌などが有効だ。粘膜や血管などを丈夫にして、普段から免疫力を高めておこう。風邪をひいてしまったら、抗菌・抗ウイルス作用のあるウコン、カテキン、ニンニクなどを体調に合わせて追加するとよいだろう。風邪の症状を改善するハーブとして、エキナセアもよく知られている。ただし、サプリメントは症状への対処というよりも、予防向きであることを覚えておこう。強力なウイルスによって毎年流行するインフルエンザには予防注射があるが、どのタイプが流行するのか予測できない点に注意したい。紅茶でうがいするのはインフルエンザ予防に効果的。(佐藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る