肝機能

メカニズム

肝臓病には、肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓ガンなどがある。もっとも多いのはウイルスによって感染する肝炎で、A型、B型、C型の3種類に分かれる。A型肝炎はウイルスに汚染された野菜や魚介類を食べて感染する。B型とC型は血液や体液中に存在するウイルスによって感染する。肝炎には急性肝炎と慢性肝炎がある。A型肝炎は症状が急に現れ、高熱を伴う。初期症状として、全身の倦怠感や食欲不振、悪心、吐き気、発熱、腹痛、下痢や便秘がみられる。風邪や急性胃腸炎と症状が似ていて、これらの症状が軽くなる頃に黄疸が出てくる。慢性肝炎に進むのは、ほとんどがB型の一部とC型。慢性肝炎は症状がほとんど現れず、あっても体のだるさやお腹が張る程度。B型もC型も症状が比較的軽いため、気づかないまま慢性化してしまう。肝炎が慢性化すると、10~30年の長い経過を経て、徐々に肝硬変や肝臓ガンへと移行する。こうした進展を阻止するためには、慢性肝炎の早い段階から適切な対策が必要だ。脂肪肝は、動物性脂肪やアルコールの摂りすぎで、肝臓に中性脂肪やコレステロールがたまることによって起きる。肝硬変は、再生力の旺盛な肝臓が、慢性肝炎などで肝細胞の破壊と再生を長年繰り返すうちに、細胞が繊維化して硬くなった状態で、肝機能の低下をもたらす。肝硬変が進行すると、手のひらの周辺部や指先、胸の上部から首筋、肩、腕のつけ根のあたりに赤い斑点が現れ、黄疸や腹に水がたまるなどの症状も出てくる。

解消・予防のためのアドバイス

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、症状が出たときにはすでに病気が進行しているケースが多い。肝機能の定期的なチェックとともに、日頃から肝細胞を元気にする良質のタンパク質を十分補給し、過度の飲酒を控えることが予防につながる。藻の一種であるクロレラとスピルリナはタンパク質の宝庫。カキ、シジミは肝臓を強化するタウリンやアミノ酸を豊富に含む。シジミやウコンには胆汁の分泌を促し、肝臓の解毒機能を高める効果もある。(福田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る