クエン酸

  • エネルギーを作り、疲労回復効果が高い

なぜ体にいいのか

クエン酸は、酢や柑橘類に含まれる酸味の成分。レモン1個には、約4g含まれている。
クエン酸の働きのひとつに「クエン酸回路」がある。これは、エネルギー生成の過程に必要な経路で、最初にできるのがクエン酸である。
まず体内に摂取された糖質や脂質は、ブドウ糖やアミノ酸、グリセリン、脂肪酸などに分解され、さらにブドウ糖はピルビン酸(または乳酸)に分解されていく。これを解糖作用という。
しかし解糖作用の最終段階でできたピルビン酸が分解されてクエン酸回路へ取り込まれると、クエン酸、アコニット酸、イソクエン酸などさまざまな酸に変化し続けてエネルギーを生成し、最終的には炭酸ガスと水になって身体の外へ排出される。解糖作用でできる乳酸などの酸化物をうまく燃焼させるのがクエン酸なのだ。クエン酸を補給し、クエン酸回路が正常に動いていれば、疲労物質が体内にたまりにくくなるので疲労回復も早く、さらに肩こりや腰痛の予防にも効果がある。
さらにもうひとつの大きな働きがキレート作用だ。
クエン酸は、体内に入ったカルシウムやマグネシウムなどの金属ミネラルを挟み込み、吸収しやすくする働きがある。ミネラルは一般に吸収されにくい成分だが、キレート化合物になることで吸収されやすくなるものもある。例えばヘム鉄は鉄のキレート化合物だ。
ちなみにキレートは、ギリシャ語でカニのはさみを意味する「ケーレー」が語源。ミネラルを挟み込んで吸収しやすくすることから付けられた。
またクエン酸には、血流改善作用、免疫力強化などの効果もある。

摂取方法について

クエン酸は柑橘類に多く含まれているが、梅干し、梅肉エキス、レモン、もろみ酢に多い。梅干し1個に約0.35g、レモン1個に約4gのクエン酸が含まれている。1日の摂取量の目安は約2gといわれる。疲労回復に効くクエン酸だが、エネルギー代謝に必要なビタミンB群も一緒に摂ると、さらに効果がアップする。(早川)

クエン酸に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る