ギムネマ・シルベスタ

  • 糖分の吸収を制御し、糖尿病や肥満を改善する

なぜ体にいいのか

ギムネマ・シルベスタは、インド南部や熱帯アフリカなどに自生するガガイモ科のツル性植物。ヒンディ語で「グルマール」、つまり「砂糖を壊すもの」という意味である。ギムネマ・シルベスタの葉を噛むと、舌の甘味を感ずる部分に作用して、甘味だけを感じなくなってしまうという不思議な特徴から、この名がある。
インドでは2000年以上も昔から糖尿病の治療薬として珍重され、19世紀半ばからイギリスを中心に、その人体への効果について科学的な研究が進み、しだいに栄養学上のメカニズムがわかってきている。
ギムネマ・シルベスタの葉に含まれる有効成分の主役が「ギムネマ酸」だ。主に小腸の中でブドウ糖の吸収を抑制する効果を発揮する。
糖が吸収されると血糖値が上がり、そうするとインスリンが大量に分泌される。インスリンは糖を脂肪として溜める作用もするので、肥満にもなりやすくなるのだ。ギムネマ酸を摂れば食事によって糖分を摂っても吸収が抑制されるため、血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの分泌も抑えられる。
その上、舌の甘味を感じる受容体と結合してしまうため、甘いものを食べても甘味を感じにくくなる作用がある。例えばケーキなども味気なく感じて食べる気がなくなるという効果もある。
こうして血糖値の低減とカロリー制限が同時に行えることで、糖尿病の改善、肥満予防、ダイエットなどに有効とされているのである。
このほかにも便通をよくする効果もある。

ここに注意

血糖値を必要以上に下げる作用はないので、大量に摂取しても低血糖による昏睡などの状態にいたる危険性はないと考えられているが、適量は必ず守ろう。

摂取方法について

糖尿病で血糖値をコントロールしたい人、食べすぎでダイエットしたい人のために、ギムネマ・シルベスタの葉の乾燥品やお茶、抽出エキスを配合したサプリメントが市販されている。
ギムネマ茶の場合、お湯1リットルにティーバッグ1包を入れ、弱火で5分間ほど煮出す。これを食事の直前に飲み、食事はゆっくりと摂ればより効果的だろう。(山口)

ギムネマ・シルベスタに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る