グァバ

  • グァバ葉ポリフェノールが糖の吸収を抑える

なぜ体にいいのか

グァバは、東南アジアや熱帯アメリカ原産の常緑樹で、日本ではバンジロウ、中国では番石榴(ばんせきりゅう)と呼ばれている。ビタミン類やミネラルを豊富に含み、特に果肉にはビタミンCが多い。
果肉はそのまま食べたりジュースとして利用されるが、葉はお茶として飲用されている。最近では、グァバ茶に含まれる「グァバ葉ポリフェノール」に血糖値の上昇を抑える効果があるとして注目されている。
食事をして体内に入ったごはんやパンなどの糖質は、消化酵素の働きでブドウ糖に分解され、小腸から血液中に吸収される。血液中に取り込まれたブドウ糖の調整を行っているのが、膵臓から分泌されるインスリン。インスリンは、ブドウ糖の細胞への取り込みを促す働きをしているので、結果として血糖値が下がってくる。しかしインスリンの分泌が少なかったり働きが弱いと血糖値は元に戻らず、この状態が続くと糖尿病につながってしまう。
グァバ葉ポリフェノールに血糖値を抑える効果があるといわれるのは、糖質をブドウ糖に分解する酵素の作用を抑える働きがあるからだ。ブドウ糖にならなければ小腸で吸収されないため、結果として吸収される糖が減少するというしくみだ。
またグァバ葉ポリフェノールによって糖が吸収されにくくなると、血糖値が上がりにくくなる。そうするとインスリンの分泌を抑えることができるので、ダイエット効果も期待できる。インスリンは、血液中の糖を筋肉や肝臓などに取り込ませてエネルギーとする一方で、余った糖を脂肪細胞へ運んで蓄えさせる働きがある。しかし、インスリン自体の分泌を少なくして働きを抑えることで、脂肪合成を抑えられると考えられる。つまり、グァバ葉ポリフェノールの働きで血糖値の上昇を抑えられれば、ダイエットにもつながるというわけだ。

摂取方法について

血糖値の上昇を抑えるためには食中、食後に飲んだほうが効果的だ。また毎日飲み続けると、高血糖にならない状態を保つことができるので、必要以上にインスリンを分泌しなくてすむ。常に高血糖の状態でインスリンを分泌し続けていると、インスリンに対する体内の反応も鈍くなってしまうという。飲み続けることで糖尿病などになりにくい体質に改善されていくことが期待できる。(山口)

グァバに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る