グルコサミン

  • 軟骨を作るのに不可欠な栄養素で関節炎を改善

なぜ体にいいのか

グルコサミンとは、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質やヤマノイモなどのネバネバ成分であるムコ多糖に多く含まれており、天然のアミノ糖の一種である。アミノ糖は糖タンパク質を構成する成分で、ヒトの体にも存在しており、軟骨や爪、じん帯、皮膚などに分布。細胞間や組織同士を結びつける結合組織の役割を果たしている。
加齢や肥満による関節の酷使に加え、代謝の低下や運動不足によって軟骨の再生不良が起こると、腰痛や膝の痛み、進行すれば関節炎や変形性関節症を招く恐れがある。グルコサミンは、軟骨を作るためには必要不可欠な栄養素のひとつだが、これらの諸症状は、グルコサミンを口から摂取することで改善できるとされている。
最近の研究では、ガン細胞から出されるトキソホルモンというガン毒素を阻害し、食欲不振を改善することから、ガンによる急激な痩せと、衰弱を食い止める効果が期待できるという報告もなされている。
グルコサミンを含む食品やサプリメントには、カニやエビなどを原料にしたものが多いため、甲殻類にアレルギーがみられる人は摂り方に注意が必要。少量から徐々に摂取量を増やしたり、原料をチェックするなど慎重にはじめるのが賢明だ。
また、これまでに重大な病気につながったという報告はないが、ごく一部の人に胃の不快感や食欲減退などの症状が現れることがある。その場合は、医師への相談や摂取量の調節などで適宜対応することをおすすめする。

ここに注意

変形性関節症に対する有効性は、保水性に優れ、体内においては水分とともに栄養の吸収や運搬の役目をする「コンドロイチン」を併用することで高められるとされている。グルコサミンの製品の多くにコンドロイチンが含まれているのはこのためだ。
グルコサミンとコンドロイチンの両者が一緒になっている成分としては、ムコ多糖が挙げられる。甲殻類アレルギーの人や、食物として摂りたい人には、ヤマノイモなどが適している。 (浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る