乳酸菌

  • ビフィズス菌を増やして、腸のトラブルを解消

なぜ体にいいのか

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る細菌の総称。菌の形から、球状のものを乳酸球菌、棒状のものを乳酸桿菌というように分けている。また、酸素のあるなしにかかわらず増殖する乳酸球菌と乳酸桿菌、そして酸素のあるところではほとんど生育できないビフィズス菌というような分類もある。
さらに腸に棲みつくことができる乳酸菌と腸に棲みつくことができない乳酸菌の区別もある。
乳酸菌を選ぶときには腸に生きたまま到達し棲みつくことのできる乳酸菌であるビフィズス菌を選ぶといいだろう。
大腸には500種類以上、約百兆個もの腸内細菌が棲むといわれ、これらは人体によい作用をもたらすもの、悪い作用をもたらすもの、またはいいようにも悪いようにも作用するものがあり、それぞれ善玉菌、悪玉菌、日和見菌などと呼ばれている。善玉菌の代表格がビフィズス菌で、生後間もない赤ちゃんの場合全腸内細菌の9割以上を占める。その後少しずつ善玉菌が減る一方で悪玉菌や日和見菌が増え、成人で善玉菌は1~2割程になる。加齢とともに善玉菌の割合が減り、腸内細菌のバランスが悪くなる傾向がある。
善玉菌が腸内に増えることで、悪玉菌の居場所がなくなり、悪玉菌から発生する有害物質が抑制されると、腸内の環境がよくなるとともに肝臓の解毒作用を助ける。こうしたメカニズムに加えて、乳酸菌が体内で作る「乳酸」などの有機酸が、鉄などの栄養吸収を促進する。さらに、腸内を酸性にして病原菌の繁殖を防ぐ。
ビフィズス菌の優れた効力は、抗生物質などの薬を常用したり、多量に服用する人にもよいとされている。抗生物質は体の病原菌を退治するが、腸内にある有用な菌までも一掃してしまう。このため腸内に悪玉菌が一気に増殖し、下痢や皮膚疾患が現れる。病院によっては、抗生剤とともに乳酸菌を処方する場合があるのは、こうした副作用を抑えるためだ。

ここに注意

腸内のバランスがくずれやすい子供や高齢者は、毎日でも補いたい成分だ。ただし、乳酸飲料などに多く含まれている糖分の摂りすぎには十分注意しよう。(浜田)

乳酸菌に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る