ラクトフェリン

  • 強い抗菌作用をもつことで免疫力を高める

なぜ体にいいのか

ラクトフェリンは、哺乳動物の乳や唾液、涙などの分泌液に含まれているタンパク質。特に母乳に多く含まれ、抵抗力の弱い乳児を細菌やウイルスから守る働きをもっている。この作用は成人に対しても同じように働き、研究によって免疫機能強化、抗菌、抗炎症、抗ガン作用などがあることがわかっている。
ラクトフェリンは、胃の中に存在するペプシンという酵素で分解され、一部はラクトフェリシンという抗菌ペプチドとなる。この物質が、悪玉菌といわれる大腸菌やO-157、ヘリコバクターピロリ菌、カンジダ菌などに対して強い殺菌効果を発揮する。この抗菌作用は、最近ではC型肝炎にも効果的だという研究結果もある。ある臨床試験では、C型肝炎ウイルスの保菌患者にラクトフェリンを投与し続けたところ、血中のウイルスの量が大幅に減少したと報告された。
C型肝炎ウイルスは、肝臓の細胞に入り込んで増殖するのだが、ラクトフェリンは、ウイルスが肝臓の細胞に付く前に、ウイルスを包み込んで、そのまま体外へ排出させるという働きをもっているようだ。
このようにラクトフェリンは、ウイルスに対して強い防御力を発揮することで、免疫機能を高めていると考えられている。また白血球の活性を高める働きもあると指摘されており、これによってガン細胞に対しても効果があるとみられている。
さらにラクトフェリンには、鉄とくっつく性質がある。鉄分が不足しているときには腸からの鉄の吸収を促進し、逆に鉄が余っているときには鉄の吸収を抑えるように働くため、例えば貧血ぎみの人には効果が期待できる。

摂取方法について

ラクトフェリンは熱に弱い性質をもっているので、熱処理された牛乳などにはほとんど含まれていない。他の乳製品に含まれているものも微量であるため、食品から摂取するのは難しい。サプリメントとして摂るのが効果的だろう。免疫力を高めたいなど、日常生活に取り入れるなら、1日500mg~1.2gが目安といわれている。
ただし牛乳に対してアレルギーのある人は控えたほうがよい。(早川)

ラクトフェリンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る