貧血ぎみ

メカニズム

貧血とは、血液中のヘモグロビンまたは赤血球が減少した状態をいう。もっとも多いのは鉄欠乏による貧血。特に月経のある若い女性は鉄を失いがちで、日本の成人女性の6割は潜在的な鉄欠乏状態にあるといわれる。体内にある鉄の60~70%は、全身に酸素を運ぶためのヘモグロビンの構成要素として赤血球内に存在する。鉄が不足すればヘモグロビンも減り、赤血球は酸素を十分に運べなくなる。鉄の20~30%は貯蔵鉄として肝臓や脾臓などに貯えられ、貧血状態に陥ると、この貯蔵鉄が放出されて鉄不足を補う。が、それも底をつけば鉄欠乏症になり、疲れやすい、動悸や息切れ、集中力が続かない、頭痛、立ちくらみ、粘膜異常などの症状が起きる。ビタミンB12欠乏による貧血は悪性貧血と呼ばれる。B12の不足は赤血球の形成や再生に支障をきたす。1~2年かけて症状は進み、疲労、食欲不振、手足のしびれや感覚低下といった神経症状などが現れる。葉酸欠乏による貧血もある。葉酸はDNAの合成に不可欠なビタミン。不足すると巨赤芽球性貧血(骨髄における細胞分裂がうまくいかないために、巨大な赤芽球、赤血球を生じる)などが起きる。貧血は、病院で血液検査を受け、どの栄養素が不足しているのかを知って治療することが原則だ。鉄欠乏性の場合は、病院で鉄剤を処方してもらうのが治療の基本。貧血の原因となる病気がある場合は、その治療も並行して行う必要もある。

解消・予防のためのアドバイス

鉄欠乏を予防するには、「ヘム鉄」を多く含む赤身魚や肉を摂るといい。ホウレン草や、ひじきなどの海草に含まれる「非ヘム鉄」の吸収率は2~5%に対して、ヘム鉄の吸収率は20%と高い。鉄はタンパク質やビタミンC、B6、銅、クエン酸と一緒に摂ると吸収率が高まる。ただし、鉄には過剰症があるので、単品での大量摂取は避けること。マルチビタミン+鉄、マルチミネラルでの補給が望ましい。また、コーヒーや緑茶に含まれるタンニン、加工食品に多いリン酸などは鉄の吸収を阻害するので控えること。赤血球増加には、造血ビタミンのB12と葉酸の補給が必要だ。(松村)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る