冬虫夏草

  • 身体機能を強化し、疲労回復に効果を発揮

なぜ体にいいのか

冬虫夏草は、コウモリガの幼虫に菌類(子嚢菌類と考えられている)が寄生し、養分を吸収して体内に菌核を充満させ、夏期に子実体(きのこの実の部分)を伸ばしたもの。虫体をつけたまま採取して、陰干しにして利用する。中国では虫草とも呼び、日本にもクモタケ、セミタケ、カメムシタケなどと呼ばれるものがある。これら日本のものやセミ、ハチなどほかの昆虫に寄生したものも含めて総称される場合もあるが、厳密には、冬虫夏草といえば上記のコウモリガに寄生したものを指している。
原産はチベット高原など標高3000m以上の高原地帯。希少資源なので以前は十分に供給できず、高価なものだった。しかし菌糸培養が可能になり、高品位の冬虫夏草エキスを安定して供給できるようになった。
冬虫夏草は、鎮静作用、免疫機能の強化、滋養強壮、エネルギー代謝を高めるなど、さまざまな効能が中国より伝えられてきた。日本でも、冬虫夏草エキスを飲みつづけることによって疲労物質である乳酸や、代謝産物であるピルビン酸の上昇が抑えられるという研究結果が発表されている。
また筋肉を動かすにはアデノシン三リン酸(ATP)が必要なのだが、冬虫夏草のエキスを取り続けることによって、肝臓に蓄えられるATPの量が増加するということがわかっている。さらに運動能力だけでなく、脳にも酸素やブドウ糖の供給が増え、学習能力や集中力が増すという研究結果もある。これは、冬虫夏草の成分の働きで、細胞の活動に必要な酸素が血液から組織へ効率よく運ばれるようになり、エネルギー生産の効率もよくなるからだと考えられる。
また心肺機能の強化、抗酸化作用、血糖値や高脂血症の改善にも効果があるとして、注目されている。

摂取方法について

冬虫夏草の現物は大変高価なものだ。品質によっても異なるが、1gあたり400~600円ともいわれる。サプリメントには、粉末、錠剤などがあるが、いずれにしても100%含有というものはない。また、コウモリガの幼虫に寄生する冬虫夏草だけでなく、他種のものも販売されているようだ。
1日の摂取量ははっきりと定められてはいないが、研究段階では、1日あたり冬虫夏草固形分含有量として100mg程度でも効果が期待できるようだ。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る