心臓病(狭心症、心筋梗塞)

メカニズム

心臓は心筋という筋肉でできていて、全身に血液を送り出している。心筋に血液を供給しているのが冠状動脈(心臓を取り巻く血管)だ。冠状動脈の内腔は非常に細く、ここに動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞などを発症する。冠状動脈が狭くなって血液の流れが悪くなると、心臓の筋肉が酸素不足に陥る。運動、食事、入浴のとき、締めつけられるような胸の痛みが生じ、休むと数分で治るものは労作性狭心症。安静時でも起こり、痛みが数分から10分程度続く場合は、もっと危険な狭心症の可能性が高い。痛みがさらに強く、30分から2時間ほど続くようなら心筋梗塞の可能性がある。心筋梗塞は冠状動脈の閉塞によって著しく血流が減り、心筋が壊死して起こる。発作とともに心不全や肺水腫、心臓マヒなど合併症を併発し、命に関わる危険がある。このほか心臓病には、高血圧が続いて心室内部が狭くなり、送り出せる血液量が減少する高血圧性不全や、リウマチ熱などの影響で弁の機能が低下する心臓弁膜症などがある。速やかに専門医を受診すること。

解消・予防のためのアドバイス

心臓病の発症リスクは、禁煙や適度な運動、ストレス緩和など生活習慣の改善によって低減することができる。なかでも重要なのは動脈硬化を予防することだ。動物性脂肪の摂取量を減らし、カロリーを抑える。そのうえで、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす食品を摂り、軽い運動も心がけたい。ニンニクや大豆には、過剰なコレステロールを除去し、脂質の生成を抑える働きがあり、黒酢に含まれるアミノ酸にも同様の効果がある。イチョウ葉の成分「ギンコライド」は血管を拡張して血行を促進。EPA・DHAは脂質の生成を抑制、ビタミンEは血小板の凝縮を抑制する。霊芝や高麗ニンジンには血圧を正常化する効果があり、動脈硬化や高血圧など循環器系の病気に有効。心不全にはコエンザイムQ10が著効することもある。(川嶋、佐藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る