サラシア・オブランガ

  • 血糖値が上がりにくい体質をつくる

なぜ体にいいのか

サラシア・オブランガは、インドやスリランカなど亜熱帯地域に自生するニシシギ科のつる性の植物。タミール語でポンコランチともいう。
最近の研究で、サラシア・オブランガには「サラシノール」という有効成分があり、これが血糖値が上がるのを防ぐ効果があることがわかってきた。
私たちが摂った食物に含まれる糖質は、アミラーゼとα-グルコシダーゼという酵素の働きでブドウ糖に分解され、これが小腸で吸収されて血液中に流れる。血液中のブドウ糖が増えると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるが、インスリンはブドウ糖の細胞への取り込みを促したり、また過剰なブドウ糖を体脂肪として蓄える働きがある。糖分の多い食事をするとインスリンの分泌も高まるため、ブドウ糖がたくさん脂肪として蓄えられて肥満を招いてしまうおそれがある。さらにインスリンが過剰に分泌される状態が続くと、インスリン自体の働きが弱まってしまう。すると、血糖値を制御できなくなり、糖尿病を引き起こしてしまう可能性がある。
サラシノールには、糖質をブドウ糖にかえるα-グルコシダーゼの働きを阻害する働きがあるので、ブドウ糖の生成を抑えられる。ブドウ糖に分解されなければ腸壁で吸収されないため、血糖値も上がらないというしくみだ。吸収されなかった糖質は、腸内で善玉菌などの栄養になったり、便として体外に排出される。
さらに血糖値を抑えればインスリンの分泌も少なくなるので、ブドウ糖が体脂肪にかえられることも少なくなると考えられる。糖尿病予防とともに、ダイエット効果も期待できる。

摂取方法について

一般的には、根を乾燥させたサラシア茶が知られている。血糖値の上昇を抑えるために効果的なのは、食中、食後の飲用。毎日摂取することで血糖値を抑えた状態を維持できる。ただしサラシア茶を飲めばどんなに食べても太らないということはない。早く食べたり、食事を抜いて空腹時間が長いなどといったことも血糖値を上げる原因のひとつ。お茶を取り入れながら、食習慣も改善したい。
なお、糖尿病の治療薬との併用は、血糖値を下げすぎる可能性もあるので、併用する場合、医師と相談してほしい。(山口)

サラシア・オブランガに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る