シイタケ

  • ガンやアレルギーなどの免疫系に働くシイタケ由来のβ―グルカン

なぜ体にいいのか

古くから民間伝承的に免疫機能を増強する働きがあるとされ、またビタミンDの供給源としても重宝されてきたシイタケ。中国の元代に著された『日用本草』には「気を益し、飢えず、風を治し、血を破る」とその薬効が記されている。わが国でシイタケの効能が注目されたのは1968年、国立がんセンター研究所の千原博士らが、シイタケからβ-グルカンを単離・精製するのに成功し、そのβ-グルカンに抗ガン性のあることが指摘されてからだ。シイタケのラテン名からレンチナンと命名されたが、その後,マイタケやスエヒロタケ等からもβ-グルカンが単離・精製された。これら多くのキノコに含有されるβ-グルカンは,生体が元来保有している免疫力、つまり癌や外敵(細菌,ウイルス等)や異物(アレルギー原因物質や毒素)に対する抵抗力を高め,それらを排除する能力を亢進させることが知られている。β-グルカンとは,キノコ中の食物繊維の一種で,ブドウ糖(グルコース)がβ-結合で数百~数千個連なった多糖体の総称をいい,多くのキノコに含有されているが,キノコの種類により結合様式がそれぞれ異なる。シイタケ由来のレンチナンは、生体内の免疫担当細胞(全身に広く分布する白血球系の細胞群)を活性化することにより効果発現することが証明されている。また日本の臨床治験において,胃癌に対する化学療法剤との併用により,世界で初めて生存期間の延長効果が証明され,1985年に抗悪性腫瘍剤(注射剤)として承認,現在も医薬品として癌患者に処方されている。

「耳より成分情報」

β-グルカンは、通常、分子が絡まって巨大な凝集体を形成しており経口摂取しても腸管から体内に取込まれずそのまま排泄されてしまうため経口摂取では効果発現が期待できなかった。しかしながら、最近になってナノテクノロジーという微細化技術を応用することで、通常の凝集体では約100μmあるものを0.1μmと約1/1000までに微粒子化して、経口摂取でもβ-グルカンの効果が期待できる加工食品が高機能な補助食品として上市されている。

参考サイト

http://www.ajinomoto.co.jp/mitherapist/

ここに注意

食品としての安全性には問題はないが、医薬品の場合は、胃の不快感、血液異常、皮膚の腫れ(炎症)を起こすことがある。妊娠時や授乳時には使用を避ける。好酸球増加症とよばれる血液疾患がある人は使用してはいけない。(早川)

国立健康・栄養研究所

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail90.html

シイタケに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る