シジミ

  • アミノ酸が直接働きかけ、弱った肝機能を改善する

なぜ体にいいのか

「二日酔いの朝、シジミの味噌汁を飲む」という習わしがあるように、シジミは日本人にとって大変身近な民間療法として定着している。中国の古典や江戸時代の文献にも「黄疸」の治療薬として使われていたという記述が残されており、その効能は歴史的に知られていた。
肝機能に働く主な成分はアドノシン、タウリン、メチオニン、シスチンという物質で、腸内で脂肪を分解するときに必要な、胆汁の流れをスムーズにする役割がある。胆汁の通り道、胆管が詰まると胆汁が血液中に流れ出し、いわゆる黄疸が現れる仕組みだ。
役割分担は、アドノシンが胆汁の分泌を促進し、強肝アミノ酸のタウリン、メチオニン、シスチンがサポートして胆管の滞りを除き、弱った肝臓を強化するようになっている。また、胆汁の分泌を促して胆石を押し流すなどの効用もあると考えられている。さらに、シジミにはビタミンB群も豊富に含まれ、なかでもビタミンB12には造血作用や血液循環をよくする働きがあり、貧血や脳神経(記憶力や集中力の向上)に有効とされている。

成分豆知識

シジミには胆汁の分泌に関わる成分のほかにも、肝臓によい物質がもうひとつある。それはイノシトールというビタミン様物質で、肝臓に脂肪が定着するのを防ぐといわれている。この働きによって、シジミはより肝機能の低下を防ぐ役割を果たすのだ。

ここに注意

用法としては、魚介類のシジミをそのまま利用するか、シジミを煮だして成分を抽出し濃縮したものを顆粒状にしたものを服用するのが一般的。しかし、調理するときは、ビタミンB12などの成分は水溶性のため、有効成分が煮汁に流れだしてしまう。シジミ汁は身を食べるより、その煮汁を飲んだほうが有効なことも覚えておこう。

食品豆知識

シジミにも土用シジミ、寒シジミといった旬があり、真夏や真冬には味もよくなるとともに栄養価も高くなるので、旬のシジミはより効果的に働く。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る