ビタミンB2

  • 栄養素の代謝を助ける美容のビタミン

なぜ体にいいのか

ビタミンB群本来の大きな特徴ともいえる、補酵素としての働きが特に明確なのが、ビタミンB2。成長に欠かせないエネルギーの代謝や、多くの栄養素の代謝に関係しているフラビン酵素の補酵素として、重要な働きをしてくれる。
糖質やタンパク質の代謝と脂肪の分解・合成にも関わるので、脂肪の摂取量に比例してビタミンB2の必要量も増えてくる。
また美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをもつ。ビタミンB2が不足すると、脂っぽい肌になったり脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)ができてしまったりする。さらに欠乏すると、舌に熱や痛みを伴う舌炎、唇が赤く腫れる口唇炎、眼精疲労、白内障、生殖器の炎症などの症状が現れてくる。そして極めつきは、成長が停止してしまうこと。
このため、口や目鼻、生殖器などの粘膜の健康が気になる人、そして妊娠中の女性や成長期の子どもは、日頃から積極的に摂取してほしいビタミンだ。

ここに注意

過剰摂取によって、まれに引き起こされる症状には、かゆみ、しびれ、焼灼感、ちくちくとした痛みなどが挙げられる。また、抗腫瘍薬(抗ガン剤)を飲用している場合、ビタミンB2を多量に摂取すると、薬の効果が軽減するので注意したい。
しかしほかのビタミンB群と同様、余分に摂取した量は排泄されてしまうため、尿が黄色くなるくらいで特に危険はないと思ってよい。体内にためておくことができないので、常に補充する必要がある。

摂取方法について

どのビタミン、ミネラルにもいえることだが、偏ることが一番の問題。特に偏食の栄養補強として摂取するなら、チーズなどの乳製品、肉類、卵、納豆、どれも嫌いという人におすすめ。
また潰瘍や糖尿病で、長期の食事制限をしている人はビタミンB2不足の可能性が大。是非摂取してほしい。
効力を最大限に発揮させるには、同時にビタミンB6、Cを摂取するよう心がけること。多くの栄養素の代謝を助け、美肌を作るビタミンB2の、効果的な働きが期待できるだろう。(五十嵐)

ビタミンB2に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る