ビタミンB6

  • 脳・神経・皮膚などを正常に保つ女性の味方

なぜ体にいいのか

ビタミンB6は、体を作る基本物質であるタンパク質の代謝に不可欠な存在だ。そのほかに、大脳の刺激伝達物質の生成、神経の刺激伝達のアミノ酸の生成のためにも必要とされる。ビタミンB群全般にいえることだが、それ自体には栄養もなければカロリーもない。つまりビタミンB6は、エネルギーを効率よく生み出すためになくてはならない物質なのである。
免疫力をアップさせる働きもあるためアレルギーに強くなる、また、月経前の女性特有の体のだるさや頭痛などの月経前症候群を軽減してくれる働きがある。
ビタミンB6が不足すると、貧血、動脈硬化、脂漏性湿疹、口内炎、舌炎を招くといわれている。またB6に限らず、B群が不足すると湿疹ができやすい。
また、妊娠するとキサンツレン酸が多く排泄されるため、妊娠中毒症やつわりを引き起こす原因となる。このキサンツレン酸は、ある種のアミノ酸代謝の異常から増加する。この代謝異常はビタミンB6不足により発生するといわれているのだ。
したがって、つわりがひどい場合だけでなく、妊娠中は通常(女性は1日に1.2mg)の6倍のビタミンB6を摂取したい。また、ビタミンB6は脂肪の代謝にも関わっているため、肉や魚などの動物性タンパク質や脂肪を含む食品を多く好んで食べる人も、ビタミンB6の摂取を多くしなければならない。

ここに注意

神経障害の予防をしてくれるビタミンB6だが、過剰摂取すると神経系の障害を引き起こす可能性がある。摂りすぎの症状としては、安眠できない、夢を思い出せないなどが挙げられる。

摂取方法について

相互に関わり合って働くのがビタミンB群の特徴。例えばビタミンB6が活性型に変わるときにはビタミンB2が必要になってくる。またアミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要になってくる。つまり、B2の欠乏はB6の欠乏を、B6の欠乏はB2の欠乏を促してしまうのだ。
B2のほかに、ビタミンB1、C、マグネシウムと一緒に摂取すると、よりいっそう高い効果が期待できる。(五十嵐)

ビタミンB6に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る