ビタミンB1

  • 脳の働きを活発にして疲労や倦怠感を予防

なぜ体にいいのか

ビタミンB1は疲労回復のビタミンと呼ばれ、炭水化物(糖質)をエネルギーに変換するのに不可欠な存在。脳の原動力であるブドウ糖なども、エネルギーに変えてくれる。またエネルギーを作り出す過程でできた乳酸は、肝臓や腎臓に運ばれてブドウ糖に転換され、エネルギーとして使われるのだが、乳酸のエネルギー転換に必要になってくるのがビタミンB1。ビタミンB1が不足すると乳酸が蓄積されたままなので、だるさや倦怠感などを感じてしまう。
脳は末梢神経をつかさどる指令塔。この脳のエネルギーはブドウ糖だ。ブドウ糖を作り出すにはビタミンB1が必要なので、欠乏すると足がしびれたり、運動能力が低下するという症状も現れてくる。
ビタミンB1の欠乏でもっともひどい症状は脚気。全身の倦怠感や、手足が重くなったりむくんだりといった症状だ。また、脳へのエネルギー不足は精神的な不安定をも引き起こしてしまう。ビタミンB1は、脳の精神安定のもと。疲労とストレスが蓄積されている人は、特に摂取してほしい。
最近では、脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、アルツハイマー病にも効果があるとの報告も寄せられている、注目のサプリメントだ。

ここに注意

ビタミンB1は余分に摂取しても、必要な分量以外は排泄されてしまう。体の組織や器官内にたまることはないため、副作用や毒性はない。
しかし、清涼飲料水などを大量に飲むと、糖質の代謝が過度に行われ、ビタミンB1が欠乏する場合がある。甘いものを過度に摂り食欲不振になるのは、一時的なビタミンB1欠乏といえよう。

摂取方法について

水溶性のビタミンであるため、ほかのビタミンB群と同様、多量に摂取したとしても体内に蓄積されず、余分なものはすべて排泄されてしまう。
もっとも効果的な摂取の方法としては、ビタミンB群8種類が入っているビタミンBコンプレックスで摂ること。B群のビタミンには相互作用があるため、全部一緒に摂取すると、それぞれの効果も高くなるのだ。1日分を2回に分けて摂ると吸収率もよい。(五十嵐)

ビタミンB1に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る