口内炎ができやすい

メカニズム

口の中を清潔にしておかないと、雑菌が増えて口内炎になりやすい。体が健康なときは、粘膜にも抵抗力があり病気にはならないが、風邪や疲労で栄養状態が悪化して体が衰弱しはじめると、普段から口腔内にある菌が粘膜を侵して炎症や潰瘍を引き起こす。口内炎ができやすい人は、風邪を引きやすい、偏食しがちである、慢性的な疲労がある、胃腸が弱い、または胃腸病であるといった傾向があり、ビタミンB群が不足していることが多い。口内炎にはカタル性、アフタ性、ヘルペス性などがあるが、比較的軽い症状のカタル性口内炎がもっとも一般的である。口の中全体に炎症が起きたり、ところどころが斑点のように赤く腫れるのが特徴で、放っておくと唾液などが増えて口が粘つき、口臭が強くなる。たいていは放っておいても治る。痛みを和らげるには、市販の軟膏を用いてもいい。アフタ性口内炎は再発性のもので、唇の内側など可動域に頻繁にできる。歯茎など不動域にできるとヘルペス性口内炎の可能性がある。これらは体調が悪いときにできやすく、最初は水疱から始まる。かゆみなどの前駆症状が出たら、早めに対処しよう。

解消・予防のためのアドバイス

口内炎の予防には、うがいなどをして口の中を清潔にすることが第一。歯並びが悪いと口の中が傷つきやすいので、その治療も必要だ。口内炎が頻繁に出る人は、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素が不足している可能性がある。特に、ビタミンB群は積極的に補給したい。ビタミンB群を多く含むものは、レバー、牛乳、鶏卵、魚など。食生活が不規則な人やアレルギーがある人は、サプリメントで補えばよいだろう。ビタミンB群は、体にエネルギーを供給するのに必要な成分なので、風邪や疲労、体力低下が原因の口内炎にも効果的だ。また、粘膜を丈夫にするビタミンAも摂るようにしたい。疲労やストレスが原因で口内炎が起きることもあるので、十分に休息し、口内炎の徴候があったら早めに対処しよう。口内炎ができてしまったら、熱いもの、辛いもの、酸っぱいものなど刺激物は避けること。また、タバコも控えめに。(後藤、松村)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る