肌を美しく

メカニズム

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下脂肪の3層から成る。普通「肌」と呼んでいるのは、表皮と真皮の部分である。表皮はさらに4層に分かれており、一番下の基底層では、絶えず新しい細胞が作られている。細胞は上部にいくにつれて姿を変え、表面では角質細胞となる。そして最後に、表面から少しずつはがれ落ちていく。こうして皮膚細胞は、通常28日周期で生まれ変わっていく。ところが、角質層に古い細胞が居座っていると、皮膚が固くカサカサになる。また基底層では、色素細胞が紫外線の刺激を受けると過剰にメラニン色素を作って紫外線を吸収しようとする。角質層での皮膚細胞の代謝が悪いと、メラニン色素の排出が滞ってしまい、シミの原因となる。美しい肌のバロメーターとなるのは、真皮にあるコラーゲン(膠原線維を構成しているタンパク)とエラスチン(弾力線維を構成しているタンパク)の状態。線維細胞は年齢とともに少なくなるため、コラーゲンやエラスチンも減少していく。その結果、肌のうるおいが失われ、小ジワができやすくなる。また、表皮細胞の代謝サイクルは女性ホルモンが不安定になると遅れる。妊娠中や更年期にシミができやすくなるのはこのためだ。メラニン代謝は日光によって活性化される。日焼けしすぎるとメラニン色素が過剰に産生されてシミになるので、年齢を問わず、紫外線を防ぐことが大切だ。

解消・予防のためのアドバイス

肌のうるおいは細胞と細胞をつなぎ、肌の弾力とみずみずしさを保つコラーゲンを作ることで保たれる。ビタミンC、タンパク質、ビタミンP(フラボノイド化合物)が効果的。乾燥から肌の角質化するのを防ぐにはビタミンA(β-カロテン)を。肌の老化につながるフリーラジカル対策には、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10やビタミンB群、松樹皮ポリフェノールを。ビタミンEやCと一緒に摂ると、さらに効果的に働く。閉経後の女性は、女性ホルモン(エストロゲン)も著効。コラーゲンやヒアルロン酸には水分を戻す働きがある。(松村、対馬)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る