ビタミンB12

  • 貧血を予防してくれる赤いビタミン

なぜ体にいいのか

ビタミンB12は真中にコバルトが入っている大きな分子。結晶が赤いことから「赤いビタミン」とも呼ばれている。主な働きは赤血球の生成を助け、貧血を予防すること。女性に多い貧血の原因は、鉄分の不足が挙げられる。しかし貧血にはもうひとつ原因があるのだ。それがビタミンB12の不足。ビタミンB12は赤血球を形成、再生し、血液を作ることで、貧血を防いでくれるのだ。
そのほかの働きとしては、成長を促進し、子供の食欲を増進させる、エネルギーを増大させる、脂肪・炭水化物・タンパク質が適切に使われるようにする、集中力・記憶力を高めて精神を安定させる、などが挙げられる。
また、神経細胞内の表面の脂質膜の合成にも関与しており、末梢神経の傷の回復にも効果がある。実際、腰痛などの治療にも採用されているのだ。腰痛や肩こり、手足のしびれで悩まされている人にもビタミンB12はおすすめのサプリメントといえる。
もうひとつ忘れてはいけないのが、ホモシステイン血症との関わり。遺伝的なもの以外では、ビタミンB12不足により引き起こされるホモシステイン血症は、進行すると動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高まるといわれている。
ビタミンB12は、葉酸とともに核酸の合成を助け、脊髄、胃腸の粘膜などで活躍する。また、脳や神経とも関連が深く、不眠症にも効果があるといわれている。

摂取方法について

ビタミンB12は動物性の食品に含まれているビタミン。ベジタリアンのように、ビタミンB1が少なくて葉酸が多い食事を好む人は、ビタミンB12不足の可能性が高いので、できるだけ摂取したい。
ビタミンB12は胃液からつくられる糖タンパクと結合して吸収される。この糖タンパクが内因子と呼ばれるものだが、胃ガンなどで胃を切除したり、胃粘膜に障害がある人は内因子がつくられず、ビタミンB12が吸収されなくなる。またカルシウム不足もB12が吸収されなくなる一因だ。
月経中および、月経前の女性には、ビタミンB12が有効だといわれている。それはビタミンB12がもつ造血作用や精神安定作用などが月経に伴う悩みを解消してくれるからだ。(五十嵐)

ビタミンB12に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る