ビタミンK

  • 健康な血液と骨に不可欠な存在のビタミン

なぜ体にいいのか

ビタミンKは、ケガなどの出血や内出血をしたときに、血液を凝固させる働きをする。血液凝固に働く因子のいくつかのタンパク質合成に必要なのが、ビタミンKなのだ。ビタミンK不足になると、正常な血液凝固ができず出血を抑えられなくて、出血多量に陥ることもある。
そのほかの血液への働きとしては、月経時の多量出血を減らす、内出血と破れた血管からの体内出血を予防する、また鼻血をよく出す人の改善などが挙げられる。
またカルシウムが骨へ沈着するときに必要となる、タンパク質の合成に関わるのもビタミンK。
一般的にカルシウムに深く関わっているビタミンDや、骨のタンパク質成分のひとつであるコラーゲンの形成に関わるビタミンCとともに、ビタミンKも骨には欠かせない存在なのである。また、ビタミンDが筋肉のカルシウム量が減ったときに骨からの供給をするように、ビタミンKは反対に骨からカルシウムが流出していくのを抑えるなどの働きもしている。最近では、骨粗鬆症の予防などで特に注目を集めている。
ビタミンKには2つの種類があり、K1は緑葉野菜に含まれる。K2は腸内細菌や発酵食品に使われる細菌によって作られ、チーズや納豆に多く含まれる。それも太陽を多く浴びている外側の部分に大量に含まれている。野菜に限らず、海藻や緑茶にも豊富だ。ビタミンK2は、納豆に多く含まれている。

ここに注意

合成のビタミンK(ビタミンK3)を一度に過剰に摂った場合、貧血や血圧低下などの症状が出ることがある。これは1日の所要量の約50倍以上の摂取で引き起こされる症状だが、過剰摂取には気をつけよう。

摂取方法について

妊娠中、授乳中のお母さんがビタミンK不足だと、赤ちゃんに影響が出ることも。まだ腸内細菌叢が発達していない新生児は、ビタミンKを体内で合成できないので少量を補ってあげる必要がある。
生後1週間前後に起こる新生児出血といわれる便が黒っぽい状態(新生児K欠乏性出血症)のときや、生後2~3週間に起こる場合のある頭蓋骨内出血の予防にもおすすめだ。(五十嵐)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る