更年期に備える

メカニズム

更年期とは閉経(平均的な閉経年齢は50歳前後)をはさんで前後約10年間をいう。症状の現れ方は個人差が大きいが、エストロゲン(卵胞ホルモン)を失うことは皆同じである。更年期に入ると、ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、肩こり、肌荒れ、不眠、いらいら、憂うつなど、さまざまな不快症状が現れる人がいる。主な原因は、卵巣の寿命による女性ホルモンの停止。加齢とともに卵巣機能が衰え、エストロゲンの分泌が減る。それに伴い、ホルモン分泌の中枢である下垂体から卵胞を刺激する「卵胞刺激ホルモン」の分泌が上昇していく。下垂体から刺激が出ていても、卵巣がそれに対応できないというアンバランスな状態により、自律神経が空回りしたり、エストロゲン不足による不快な症状が出現する。これが更年期障害だ。エストロゲンの減少は、実は30代後半から徐々に始まっている。30代、40代の頃に、過激なダイエット、ストレス、喫煙、睡眠不足などでホルモン分泌の低下を招くと、卵巣機能の寿命が早くなり、更年期も早まる可能性がある。月経周期が短くなったり、月経がとぶなど、月経周期の乱れが現れ、更年期らしい症状が出始めたら、なるべく早く産婦人科医師に相談しよう。更年期の症状は子宮ガンや高血圧などの症状と紛らわしく、更年期障害と思っていて、実は別の病気だったということもあり得る。40代からは、エストロゲン不足でカルシウムが骨から溶け出しやすくなり、骨粗鬆症になったり、血液中のコレステロール値が高くなったりする。男性と異なり、すぐに動脈硬化は起こらないが、要注意。

解消・予防のためのアドバイス

何といってもよく効くのが、ホルモンの補充。欧米では歴史も実績もあり、有効性は明らか。ほとんどの人に使えるので、医師に相談してみよう。また、漢方もよく治療に用いられる。栄養素では、女性ホルモンの代謝をスムーズにするγ-リノレン酸、エストロゲンの働きを高めるホップが有効。また「植物由来のエストロゲン」と呼ばれる大豆イソフラボンは大豆製品に含まれ、手軽に摂れるのでおすすめだ。ハーブでは、ブラックコホシュに女性ホルモンを整え、ほてりを抑える効果がみられる。(対馬、松村)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る