ビタミンA(β-カロテン)

  • 目・肌・器管など幅広い範囲に影響力を発揮

なぜ体にいいのか

ビタミンAは動物性食品にはレチノール、植物性食品にはカロテンという形で含まれている物質である。カロテンは野菜や果物に含まれる、黄色やオレンジ色の色素。野菜や果物に含まれるβ-カロテンがその代表だ。体内に入ると腸で吸収され、ビタミンAに変わることから、ビタミンAになる前の物質=プロビタミンAとも呼ばれている。
ビタミンAは粘膜を丈夫にし、皮膚や髪、歯茎の健康を保ち、視力を正常に保ってくれる。免疫力を正常化し、強い骨を作る助けとなり、成長を促進させるなどの働きがある。病気の回復を助ける上でも重要なビタミンといわれている。
また、カロテンには体の各器官が酸化するのを防止する抗酸化作用がある。つまり、活性酸素を除去し、細胞膜が傷つけられるのを防いでくれるのだ。このことからガンの抑制や予防、心臓病の予防、コレステロール値の低減に効果があるという点で注目されている。
さらに、ビタミンB、E、D、カルシウム、リン、亜鉛は、ビタミンAが十分でないとその効果が発揮されない。栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取する必要性は高い。

ここに注意

動物性のレチノールは体内に入ると、そのままビタミンAとして肝臓に蓄積される。効果は早いが、過剰摂取すると急性中毒症や慢性的な過剰症を起こし、疲労感、吐き気、下痢、睡眠障害、食欲不振、肌荒れ、抜け毛などといった悪影響があるとされている。逆に植物性のカロテンは、必要なぶんだけがビタミンAに変化するため、いくら摂取しても大丈夫だ。

摂取方法について

ビタミンAが不足すると、夜盲症、角膜乾燥症、角膜軟化症、皮膚乾燥、にきび、発育期では成長停止・知能障害などの欠乏症が現れることもある。成長期の子供や疲れやすい人には特に必要な成分だ。
摂取のバランスとしては、レチノールとカロテンが1:1になるようにしたい。レチノールは脂溶性なので油脂と一緒に摂ると吸収が高まる。カロテンも油に溶けるので、脂肪のある食品をあわせて摂取すると、より高い効果が期待できる。(五十嵐)

ビタミンA(β-カロテン)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る