アセロラ

  • 天然ビタミンCを効率よく補給できる

なぜ体にいいのか

アセロラ(別名:バルバドスチェリー、西インドチェリー)はカリブ諸島に群生する植物で、直径2~3cmの赤い果実がなり、熟した果実には果汁が多く、産地では生食もされている。しかし、皮が薄く柔らかいためにすぐ傷むため、一般には摘果後直ちにジュースに加工される。産地でなければなかなか生果を見ることができない。
1940年代、プエルトリコの科学者が果実にアスコルビン酸(ビタミンC)が多く含まれていることを発見した。成熟果実には可食部100g当たり、1000~2000mg、よく熟したものでは4000mg以上含まれていることがある。アセロラにはレモンの10倍以上ものビタミンCが含まれることになり、ビタミンCの自然界からの供給源としては最大の含有量といわれている。
ビタミンCは体の免疫力を高めて風邪などの感染症にかかりにくくし、回復を早める。副腎皮質ホルモンの生成に働いて、精神的なストレスへの抵抗力を増加させる。ニトロソアミンなどの発ガン物質の生成を抑制して、ガンを予防する。また、メラニンの生成を抑制するほか、細胞間の結合組織であるコラーゲンの生成に関与してシミを防ぎ、はりのある肌を作るなど、ビタミンCの効能は病気の予防から美肌効果まで多岐にわたる。
ところでビタミンCは人の体内で作ることができない。また水溶性であるため長期間蓄えておくこともできない。したがって毎日の摂取が望ましいとされているが、このビタミンCは色々な原因で消費されてしまう。
その原因となるのがストレスや喫煙、紫外線など。ストレスを受けると体内に活性酸素などの有害物質ができ、老化の促進やガンの発生などを引き起こす原因になる。ビタミンCはこうした物質の生成を防ぐために消費される。
また喫煙によって体内にできた有害物質に対してもビタミンCが働いて、細胞の酸化などを防いでくれる。

ここに注意

アセロラは天然のビタミンCを摂取できる健康食品として有効だが、酸味が強い。アセロラ飲料などではこの酸味を和らげるために糖分が加えられているので、糖分の過剰摂取に注意したい。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る