喫煙する

メカニズム

喫煙が体に及ぼす悪影響については、今更説明するまでもない。喫煙者の発ガン率(肺ガン、喉頭ガンなど)が高いことなどはよく知られている。タバコに含まれるニコチン、タールという有害物質がその張本人とされ、喫煙者自身はもちろんのこと、その周囲にいる非喫煙者にも害が及ぶ。病気になりたくなかったら禁煙あるのみだが、一度常習になった喫煙は、なかなかやめるのが難しい実情もある。発ガン性だけでなく、喫煙はビタミンCの慢性的な欠乏状態を引き起こすこともわかっている。タバコ1本当たり、ビタミンC約25mgが失われる。1日に1箱(20本)を吸う人では、0.5gものビタミンCが奪われる計算となる。人の体には通常、約1.5gのビタミンCが貯蓄されているので、喫煙者はその3分の1を失い続けていることになる。さらに、喫煙者は体内のビタミンC濃度が上がりにくいともいわれるので、失った分を補給しても、とても十分とはいえない。ビタミンCの慢性欠乏が引き金となり、皮膚病や血行障害が現れたり、やがては免疫力の低下にもつながる。飛行機やレストランはじめ、全面禁煙の場所はますます増えている。禁煙をサポートするタブレットやガムなども利用して、禁煙に挑戦してみてはいかがだろう。

解消・予防のためのアドバイス

タバコの害から多少でも体を守るには、発ガン性のある有害物質を体外へ排出させること。ウコンや松葉エキス(クロロフィル)など抗ガン作用のあるサプリメントで対処してみよう。また、体の抗酸化力を増強することが喫煙者のガン予防の基本と考えられる。抗酸化力を高めるビタミンA、C、E、セレンなどのミネラルをバランスよく補給することが大切だ。ただし、β-カロテン(ビタミンA)を単独で大量に摂取すると、喫煙者の場合は肺ガンの発生率や死亡率が上昇するという研究結果が報告されているので注意。カロテノイドをサプリメントで摂取する場合は、β-カロテンに偏ることなく、リコピンやルテイン、α-カロテンなど各種カロテンを含んだ混合タイプを選ぶようにしたい。(福田、佐藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る