アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチン

  • 強力な抗酸化作用で身体を老化から守る

なぜ体にいいのか

アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチンは、動植物の赤、黄色などの色素成分であるカロテノイド。カロテノイドにはすぐれた抗酸化作用があるといわれており、この3つも例外ではない。
アスタキサンチンは、サケやイクラ、鯛、エビ、カニなどに見られる赤色色素のことで、抗酸化力はビタミンEの数百倍、β-カロテンの数十倍あるという研究報告もある。脂肪に溶ける性質をもつため、特に血液中のLDLコレステロールの酸化を抑える作用が強く、血管壁を守る役目がある。また活性酸素の中でももっとも活性が強い一重項酸素(紫外線を大量に浴びると皮膚の細胞で発生する)に対して効果を発揮するので、肌荒れやしわの予防、シミの抑制にも効力がある。
ゼアキサンチンは、パパイヤ、マンゴー、ホウレン草などに含まれる。同じカロテノイドの仲間であるルテインとともに、目の網膜や黄斑部に存在し、目の中にできた活性酸素を除去する働きをしている。黄斑変性症は、目の黄斑部に存在するルテインやゼアキサンチンが不足することも一因になると考えられている。またクリプトキサンチンはとうもろこしや柑橘類に含まれている成分。特に温州みかんに多く、含有量はオレンジの100倍ともいわれている。クリプトキサンチンは細胞を保護し、強い制ガン作用があることで注目されている。

摂取方法について

アスタキサンチンは、1日に3mg以上必要といわれている。サケの切り身一切れ分には約0.6~1mgのアスタキサンチンが含まれている。また「調理しても赤い」のがアスタキサンチンの特徴。まぐろの赤身などは熱を加えると白っぽくなるのでアスタキサンチンではない。ゼアキサンチンの摂取目安は1日に6mg。ホウレン草半束分(60~80g)だ。クリプトキサンチンは1~2mg摂りたい。温州みかん1個(100g)に約2mg程度含まれる。
またこれらの成分は活性酸素を取り込むと自身が酸化してしまうが、水溶性の抗酸化成分を一緒に摂れば一旦失われた効果が戻ることがわかっている。特にアスタキサンチンを含む食物の場合は、レモンの搾り汁や大根おろしを加えると効果的だ。(山口)

アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る