気分が滅入る

メカニズム

心身にストレスを受け続けると、軽いうつ状態に陥ることがある。やる気が出ない、人に会いたくない、眠れない。食欲が湧かなくて、体重が落ちていくこともある。うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなど、脳内の神経伝達物質の低下が関係しているといわれる。悩みの多い思春期や、仕事、家庭で責任が重くなる中年期に多くみられるが、60歳以上の老人性うつは若者の数倍。また、女性はホルモン変動の影響を受けてうつ状態に陥りやすく、うつ発症率は男性の2倍という。特に月経前症候群(PMS)に伴うもの、妊娠中、産後、更年期のうつが多い。軽うつの場合、疲れや頭痛、めまい、肩こりなどの体の不調が表に出やすく、落ち込みや憂うつ感といったうつ病特有の症状は顕著ではない。したがって、自分が軽うつ状態にあると、なかなか気づかない人もいる。体の不調に加えて、何をしても楽しくないなどの気持ちが2週間以上続く場合は、軽うつを疑っていい。心療内科を受診しよう。

解消・予防のためのアドバイス

うつ病の治療には、セロトニンを増やす作用のある抗うつ薬が処方される。女性の場合は、ホルモンの変動を考慮して、抗うつ薬とホルモン治療の併用が勧められる。素人判断をせず、医師と相談しながら治療にあたるのが基本だが、できるだけ薬を使いたくないなら、抗うつ薬と同様の作用をもつハーブのセントジョーンズワートを試してみてもいい。ただし、血液凝固防止剤や強心薬、ピルなど一部の処方薬の効力を弱める働きがあるので、医師、薬剤師に確認のうえ利用すること。気持ちが沈んでいるときは、十分な休養をとること。運動、旅行などで気分転換したり、アロマテラピーや入浴で心身をリラックスさせるのも効果がある。食欲不振から栄養不足になっている場合もあるので、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントも利用して栄養を補給しよう。なかでも脳の機能正常化に欠かせないビタミンB群は多めに摂りたい。B群欠乏でうつ病が発症するともいわれる。月経前のうつ状態にはB6が効果的。また、脳の健康維持には、DHA・EPA、レシチン、イチョウ葉エキスがおすすめだ。(松村)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る