アミノ酸(VAAM、BCAA、燃焼系)

  • 身体を構成する生命活動に必須の成分

なぜ体にいいのか

アミノ酸は、タンパク質を構成する物質。私たちの身体を構成する成分のうち、水分の次に多いのがタンパク質だ。タンパク質は約20種類のアミノ酸で作られており、筋肉や臓器の構成成分となる。また、身体をつくるだけでなく、酵素やホルモン、血液成分などの原料にもなる。20種類のアミノ酸のうち、ロイシン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、メチオニン、スレオニン、バリン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類は必須アミノ酸と呼ばれる。これらは体内で合成できないか、必要量が補えないので食品から摂る必要がある。
アミノ酸の作用にはいろいろあるが、燃焼系アミノ酸と呼ばれるリジン、アラニン、プロリン、アルギニンの4つは、体内に入ると脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがある。この酵素が活発に働くと体脂肪は遊離脂肪酸となって血中に取り込まれ、エネルギーとなって燃焼する。つまり、脂肪を燃焼しやすい身体にしてくれるというわけだ。
また筋力向上や疲労回復に効果があるとされるのがBCAA(Branched Chain Amino Acid=分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるロイシン、バリン、イソロイシン。これらは筋肉を構成するアクチン、ミオシンというタンパク質に多い成分だ。スポーツの前後にBCAAを摂取すると、スタミナを維持できたり筋肉痛を防ぐといった効果が期待できる。さらにスズメバチの長距離移動のスタミナを解明したものがスズメバチアミノ酸混合液(VAAM:Vespa AminoAcid Mixture)だ。スズメバチの幼虫が分泌する液体なのだが、働きバチは幼虫に餌を与える見返りとしてこの分泌液を餌にしている。
体力増強だけでなく、脳細胞に働くアミノ酸もある。私たちの脳細胞は、歳とともに毎日減少して記憶力も低下していく。しかしそのスピードを遅らせるのは可能で、脳細胞強化に働くといわれているのがバリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン、グルタミン酸、セリンだ。

摂取方法について

必須アミノ酸のうちひとつでも摂取量が少ないと、他のアミノ酸も一番少ないレベルまでしか働かないという特徴がある。バランスよく摂ることが大切だ。偏った食事やダイエットで食事制限をすると、不足してしまうので注意が必要。(山口)

アミノ酸(VAAM、BCAA、燃焼系)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る