ブルーベリー(ビルベリー)

  • 目の網膜に働きかけ、眼精疲労を改善する

なぜ体にいいのか

最近、目の健康によいと話題のブルーベリー。ブルーベリージャム、ブルーベリーパイ、ブルーベリージュースなど、加工された食品はよく知られているが、サプリメントとしてのブルーベリーエキスは比較的新しい存在だ。
ブルーベリーが目に効くというのは、網膜に含まれるロドプシンという物質に、ブルーベリーの色素成分アントシアニン(ポリフェノール類の一種)が作用するからだといわれている。ロドプシンは視力を保つ重要な物質。光の刺激を受けると分解、再合成を繰り返す。この連続が視神経に伝わって脳に情報が送られるのだ。
眼精疲労を改善することで肩こりが和らぐといった具合に、目の症状の緩和からほかの症状も改善へ向かう。さらに、日本産のブルーベリーにも含まれるクロロゲン酸には、高い抗酸化作用も確認されており、活性酸素を抑制して、ガン予防や生活習慣病にもその効果が期待されている。加えて、毛細血管を保護したり、血栓を防ぐ働きもある。

ここに注意

特に注意すべき点はないが、どのくらいの効き目があるかなど製品によって違いがあり、さらに効果には個人差があることを覚えておこう。

摂取方法について

1日あたり、ブルーベリーエキス125mgを摂取したところ、眼精疲労に効果がみられたという症例がある。ここから、アントシアニンの量にして62.5mgが一応の目安と考えられよう。
しかし、まだ知られて間もない健康食品であるという認識をもって利用したい。商品としては冷凍輸入された果実から抽出して乾燥させたエキスを、顆粒や錠剤に加工したものがある。

成分豆知識

ブルーベリーは約6種類あるが、生やジャムで食べる品種とサプリメントで使われる品種は異なる。ハイブッシュ、ラビットアイ、ローブッシュと呼ばれる品種が生やジャム、ジュースとして利用される。サプリメントや医療品の原料となるのはビルベリーという品種。含まれるアントシアニンの量もバランスも優れている。(山口)

ブルーベリー(ビルベリー)に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る