フラボノイド

  • 自然によって培われた抗酸化作用が血行促進に働く

なぜ体にいいのか

フラボノイドは一定の化学構造をもつ成分の総称で植物の葉や茎、幹などに含まれ、現在までに4000種類以上が発見されている。構造の違いによってフラボノール類、フラボン類、カテキン類、フラバノン類、アントシアニン類、イソフラボン類などに分けられる。共通した特徴は強い抗酸化作用があること。なかには抗ガン作用が認められているものもある。また毛細血管を保護して丈夫にしたり、血液の循環を促進し、血圧上昇を抑える働きもある。

フラボノール類

たまねぎに多く含まれるケルセチン、そばのルチンなどがこのグループに入る。パセリ、リンゴ、ケール、ホウレン草にあるミルセチンやカンフェロールとともに、血流を整える作用をもつ。

フラボン類

セロリの配糖体であるアピインやそのアグリコン型であるアピゲニンなど。これらは鎮静作用があることが共通している。また抗アレルギー作用のあるルテオリンは、しそに豊富に含まれている。

カテキン類

カテキン類は緑茶や紅茶の苦味成分。カテキンのほかにエピガロカテキン、エピガロカテキンガレートなどがあり、強い殺菌力で知られている。

フラバノン類

柑橘類特有の成分、ヘスペリジン、ナリンゲニン、ナリンギンなどがあり、毛細血管を強化する働きがある。またかゆみの原因となるヒスタミンの放出を抑え、アレルギー症状を緩和する。

アントシアニン類

青紫から赤色を呈する植物色素の仲間。ブルーベリーやブドウ、黒大豆などに含まれる。目の網膜に存在し、映像認識に必要なロドプシンという物質の生成を助けたり、目を活性酸素から守る働きをする。血圧の上昇抑制、動脈硬化の予防効果も。

イソフラボン類

女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするゲニステイン、ダイゼインなどがある。大豆や大豆製品に多く含まれ、更年期特有の不快感の緩和や骨粗鬆症の予防にも効果がある。(早川)

フラボノイドに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る