脳卒中

メカニズム

脳卒中は、脳細胞が壊死し、脳機能の低下やさまざまな神経障害を起こす病気。生命にもかかわる、非常に危険な病気であり、症状を起こしたら、一刻も早く病院に行き、適切な処置を受ける必要がある。脳卒中には、動脈の中に血栓(凝血塊)が詰まって、脳への流れが悪くなる「脳梗塞」と、動脈が破れて出血する「脳出血」があるが、どちらも動脈硬化と深く関係している。脳梗塞の原因には2つある。ひとつは脳血栓。脳動脈の動脈硬化が進行して血管の内腔が狭くなり、血管壁に付着していた脂肪や血栓がはがれて、血流の流れを遮ってしまう。もうひとつは、脳塞栓(のうそくせん)で、脳動脈以外にできた脂肪や血栓が血液に運ばれ、脳動脈を詰まらせてしまうものだ。急激な発作に襲われ、脳動脈のどこが詰まったかによって、顔面マヒなどの症状が現れる。脳出血の原因には、脳動脈硬化がある。脳血管に高い血圧がかかり、出血を起こすのである。突然気分が悪くなり、激しい頭痛や吐き気などが襲ってくる。顔面マヒや言語障害などの後遺症が残ることもある。脳卒中は、生活習慣病によって発症リスクが高まる。危険因子には、高血圧、糖尿病、高脂血症、不整脈などの心疾患がある。検査を受けて、こうした危険因子を早めに発見し、治療することが大切だ。

解消・予防のためのアドバイス

動脈硬化の原因となる血中コレステロールや中性脂肪、過酸化脂質などを防ぐには、脂肪過多にならないよう、食事のバランスを考えることが大切。疲労、ストレス、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒も避けたい。サプリメントでは、アガリクス、マイタケ、霊芝などのキノコ類にコレステロールを除去する作用があるため、脳卒中の予防効果が期待できる。イチョウ葉エキスには細くなった血管を拡張する働きがある。また、オメガ3系脂肪酸のEPA・DHAは、血中の中性脂肪を減らし、血小板の凝集を抑制する。青魚に多く含まれるので積極的に摂りたいが、苦手な人はサプリメントを利用するといい。血管の老化を防ぐビタミンE、β-カロテンも効果的だ。(佐藤)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る