ビール酵母

  • ビール製造過程でできる総合栄養食品

なぜ体にいいのか

ビールは、麦芽を煮て作った麦汁を発酵させて作られるが、その発酵のために使われるのがビール酵母。発酵が終わった直後には、ビール酵母は麦汁の栄養をたっぷりと含んだ状態になっている。
ビール酵母には、タンパク質、食物繊維、ビタミンB群、ミネラル、核酸などたくさんの栄養素が含まれている。なかでも栄養素の50%を占めるタンパク質は、人体に必要な必須アミノ酸をすべて含んでいる。戦前からビタミンB群などの補給のため兵隊の栄養食としても使われてきた。
豊富に含まれるビタミンB群はエネルギーの供給や新陳代謝を助け、疲労回復にも作用するビタミン。身体の免疫力が高まるので、病気の予防にも効果がある。ミネラル類にはカルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどが含まれており、なかでもカリウムの含有量が多い。塩分を一定に保って血圧上昇を防ぐ大切なミネラルだ。
そういったタンパク質、ビタミン、ミネラル以外にも、注目される成分としてグルタチオン、β-D-グルカン、エルゴステロールなどが含まれている。
グルタチオンは抗酸化作用がある成分で、細胞が酸化することによって起こる肌の老化現象などを予防するにの役立つ。β-D-グルカンは、免疫力を高めるのに働く成分。体内に侵入した異物を破壊するマクロファージやナチュラルキラー細胞を活性化させるため、免疫機能がアップする。
さらにβ-D-グルカン以外の食物繊維も豊富に含まれているので、腸の調子を整えて便秘を解消する効果もある。

摂取方法について

ビール酵母には、粉末状のものや錠剤で医薬品として販売されているものがあり、粉末の場合は、炒め物に入れるなど料理に使うこともできる。
またヨーグルトに粉末のビール酵母を混ぜ、ダイエット食品として食べることも注目されている。これは、低カロリーでありながら、ヨーグルトだけでは足りないビタミン類やミネラルを補給できるという点、さらにビール酵母に含まれる食物繊維がお腹のなかで膨らみ、空腹感が抑えられるという点がダイエットに効果的だと考えられる。(浜田)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る