ヒアルロン酸

  • ガン予防からシミ・しわ防止まで威力を発揮

なぜ体にいいのか

人間の細胞は、細胞と細胞の間を埋めているムコ多糖と呼ばれる物質によって守られている。ヒアルロン酸はムコ多糖の一種で、粘り気があり、保水量はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで6r)もある。コンドロイチンと同じ働きをもち、極めて親密な相互関係をもつ。動物性食品に豊富に含まれるが、肉ではなく皮や骨、関節といった部分に多く含まれる。ヒアルロン酸の保有量は、胎児のときが最も多く、誕生とともに減り続け、成人以降、4分の1までに減少するといわれている。
ヒアルロン酸は、細胞組織の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤、創傷治癒などの働きをするとされる。例えば、リウマチや関節炎のときに、ヒアルロン酸を注射すると、関節がなめらかな動きをするようになる。また体の中でもっとも水分を必要とする眼球は、ヒアルロン酸を主とするムコ多糖が水和した溶液に浮かんでいるので、摂取することで眼がよく見えるようになり、眼の透明度が保持される。成人病の代表といわれる糖尿病は、血液が固まりやすくなったり、動脈硬化になりやすくなったりして、その結果、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる病気だが、ヒアルロン酸が血液の保水力を調節してくれるので、予防が望める。
そのほかにもヒアルロン酸は、体内の細胞を活性化し、必要な栄養素を必要な場所に運ぶ働きをする。多くのミネラル類、アミノ酸、ビタミン類も運ぶので、活性酸素の除去や、細胞の劣化防止にも役立つ。このことから、ヒアルロン酸には、ガン予防・制ガン作用などがあるという研究結果が報告されている。
また特に女性たちには、若返りの成分として注目されている。摂取し続けると、コラーゲンが変質することなく、シミやしわの予防ができ、弾力性のある肌を維持できるからだ。さらに、卵巣の働きを助け、生理痛を軽減させる作用や、更年期障害の改善作用も期待されている。

摂取方法について

ヒアルロン酸は大変熱に弱く、40度くらいで殺菌しないと破壊されてしまう。さらに、高分子で吸収されにくい成分であるため、加工されたサプリメントで摂取するとよい。(浜田)

ヒアルロン酸に関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る