血圧が高い

メカニズム

血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈の壁を押す力、つまり血管にかかる圧力のことをいう。最近の国際的な基準では、収縮期血圧140mmHg/拡張期血圧90mmHg以上が高血圧、120/80mmHg未満を正常あるいは適血圧としている。その間には、正常、正常高値、正常前値、高血圧前症などのレベルがある。慢性的に血圧が高い状態が続く場合は、高血圧症と診断される。高血圧がよくないといわれるのは、動脈硬化や脳卒中、心臓病などさまざまな病気の誘因となるからだ。血圧が高いと、血管の壁に高い圧力がかかるため、血管壁が傷つきやすくなり、動脈硬化になりやすい。さらに、もろくなった血管に高い圧力がかかると、血管が破れやすくなる。これが脳内で起これば、脳出血となる。高血圧症には、原因のはっきりしない本態性高血圧症と、腎臓や内分泌系の疾患などが原因で血圧が上がる二次性高血圧症がある。高血圧の大部分は前者だ。血圧が高くても、安定した状態なら自覚症状はあまり出ないが、急激に血圧が上がったり、高すぎる状態が続くと、頭痛、めまい、動悸や息切れ、耳鳴り、手足のしびれなどの症状が現れる。血圧が高い状態を放置しておくと危険。日頃から自分の血圧を把握し、高すぎたら下げる努力をしよう。

解消・予防のためのアドバイス

高血圧の原因のひとつは肥満である。肥満があって血圧が高い人は、肥満を解消することが先決だ。タバコは交感神経を刺激して血管を収縮させ、血圧を上げる。酒を飲みすぎても血圧は上がりやすい。食事の改善では、減塩が大切。薄味に慣れよう。余分な塩分を排出するカリウムを補給しよう。カリウム、マグネシウム、カルシウムの不足が高血圧を招くという研究結果もあるので、マルチミネラルのサプリメントが役に立つ。ただし、腎臓が悪くて血圧も高い人は、カリウム、マグネシウム過剰になっている恐れがあるため、かならず医師に相談すること。血中のコレステロールや中性脂肪を下げるオメガ3系脂肪酸(亜麻仁油、EPA・DHA)も有効。また、ペプチド類には高血圧改善作用がある。(川嶋)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る