カテキン

  • 緑茶に多く含まれ、抗菌、抗酸化作用を発揮する

なぜ体にいいのか

カテキンは紅茶や緑茶の苦味や渋み成分のことで、ポリフェノールの仲間だ。お茶の中でも、緑茶にもっとも多く含まれている。緑茶のカテキンにはエピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートの4種類があるが、なかでもエピガロカテキンガレートが最も多く、全体の約半分を占めている。ちなみに緑茶のカテキンは、日照時間が長くなるほど多くなる。玉露が甘いのは茶芽が伸びるときに覆いをするためで、その分日照時間が短い。つまり渋みのもとであるカテキンが少ないからだ。
カテキンの作用には、まず抗菌・消臭があり、O-157、ピロリ菌などによる食中毒や虫歯の予防などに効果を発揮する。これは、カテキンがいろいろな物質と結合しやすい性質をもつからで、お茶で手を洗うと細菌がほとんどいなくなるという。お寿司を食べるとき、「あがり」を飲むが、これは生ものについた菌を除去しようという先人の知恵だ。この抗菌力はウイルスの働きを抑えるのにも効果的で、緑茶はカゼの予防にも役立つといわれる。
またもっとも注目されるカテキンパワーが抗酸化作用。活性酸素は、動脈硬化や高血圧、さらには細胞のガン化を引き起こすなど重大な弊害を生む。カテキンは、抗酸化力が強いビタミンEと比べて、約20倍の活性酸素除去力があるといわれている。この抗酸化作用は、緑茶に含まれるビタミンCやカフェインによってさらに強まることがわかっている。
さらにカテキンは血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の予防にもよいとされる。また緑茶を飲むことで、糖尿病から引き起こされる合併症を回避できるという研究結果も報告されている。

摂取方法について

10~15gの緑茶をぬるま湯で1分濾したくらいのお茶に、カテキンがもっとも効率よく溶け出している。熱湯でいれると、カフェインが溶け出して苦味が増す。
また、鉄と結合すると吸収されにくくなってしまうので、鉄剤と一緒に飲むのは避けたほうがよい。またカテキンは、一番茶よりも二番茶に多く含まれている。
摂取量は、1日にお茶にして約10杯を目安にしたい。(山口)

カテキンに関連する症状

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る