カキ

なぜ体にいいのか

カキは、良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んでおり、滋養強壮に効果があることから「海のミルク」と形容されてきた。
カキエキスは、生カキの成分を抽出してこれを濃縮したもので、季節を問わずカキの栄養成分を手軽に摂れる健康食品として人気を集めている。
カキエキスの特徴は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量の多さである。カキエキスは、乾燥粉末や錠剤、カプセル、ドリンクなどが市販されているが、乾燥カキエキス100gの中にはタウリン約5g、グリコーゲン約42g、亜鉛約18mgが含まれている。したがって、乾燥粉末を1日に6~30g摂取すれば、大人ひとりのタウリン必要量すべてを補給することができる。
タウリンはアミノ酸の一種である。肝臓の代謝機能の改善、高い血圧や低い血圧の正常なコントロール、血栓の予防、心臓の興奮の鎮静化、体内の老廃物や有害物質を分解し、発ガンを抑えるなど多くの効用がある。肝臓病や高血圧、低血圧、脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどの予防と改善に有効で、疲労時の体力回復や気力回復にも大いに効果を発揮してくれる。
グリコーゲンは、動物でんぷんとも呼ばれる多糖類のひとつである。ただちに体内に吸収されて筋肉や肝臓などに貯蔵され、必要に応じて即効性のエネルギーとなる。肝臓の働きを活発にし、ホルモンを正常に機能させて体に活力を与えるという働きも知られている。
亜鉛は、インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など生体反応に欠かせない微量ミネラル元素。「セックス・ミネラル」と呼ばれるほど、生殖器や脳機能の活性化に大きく作用する。

成分豆知識

カキは身の部分だけでなく、その殻にも汗止め効果や鎮静効果、緊張緩和などの作用があるとして代表的な漢方薬のひとつとなっており、ヒステリー、寝汗、不眠、精神不安定の治療薬として使われている。漢方名では牡蠣(ぼれい)と呼ぶ治療薬である。日本でも漢方薬局などで入手できる。(早川)

サプリメントデータベース

  1. サプリメントデータベース

    サプリメントデータベースは「素材」と、気になる体の「症状」の双方から情報を検索でき、 …

乳酸菌データベース

  1. 乳酸菌データベース

    乳酸菌データベースは、乳酸菌の「効能」と「分類」の双方から情報を検索でき、 …

発売中の書籍

ピックアップ記事

  1. 「サプリメント健康事典」出版記念シンポジウムのご報告
    2015年12月2日、『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムが、神保町の学士会館で行われ…
  2. 「サプリメント健康事典」書籍紹介
    2015年4月の機能性表示改正後、初めての総合的なサプリメントに関する一般書として、集英社から出版さ…
  3. 今年、閣議決定を受けて食品表示に関する規制改革が進められ、43年ぶりの改正となる新たな食品表示制…
ページ上部へ戻る